トムホ、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のストーリーに言及 ー 「暗くて、悲しい」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズとして注目度が日に日に上がっている映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』
今作のストーリーについては多くのことは明かされていないが、今回主演を務めるトム・ホランドが全体的なストーリーの雰囲気について回答してくれた。

Tom Holland: “Spider-Man: No Way Home’s not fun – it’s going to be brutal”

『何人かは本当に驚くでしょうが、それは楽しいものではないということです。暗くて悲しいし、本当に影響が出てくるでしょう。好きなキャラクターが絶対にしてほしくないことをやってしまう。』

非常に意味深なコメントではあるが、物語には非常にダークなものも含まれているということだ。
「好きなキャラがしてほしくないことをする」という点も気になるが、ここが今回のストーリーの核となる部分にもなりそうだ。

またトム・ホランドは続けて「ピーター・パーカーはいつも上を向いて前向きな人間です。直すことができるし、やることができる」とピーター・パーカーが常にヒーローとして行動することができるとも話した。

今作では正体が暴露されてしまったピーター・パーカーがドクター・ストレンジに依頼して、周りの人間から自分がスパイダーマンだという記憶を抹消してもらうことから物語が始まる。ストレンジは呪文をミスしてしまうことでマルチバースが融合し、ピーターも同時に2つの人生を歩むという今まで無いほどの大ピンチに陥る。

果たしてピーターはどのような過酷な運命に立ち向かっていくことになるのだろうか?『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は2022年1月7日に日本公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする