トム・ヒドルストン、『ロキ』シーズン2は「さらに充実した内容に」とコメント ー 監督は変更へ

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

Disney+ (ディズニープラス)で配信されたマーベル・スタジオ製のMCUドラマ『ロキ』は、初めてシーズン2の製作が公式に発表されたことで、次なるストーリーがどのようになるかと早くも予想合戦が繰り広げられている。

そんなシーズン2に対して主演のトム・ヒドルストンは、シーズン1以上の内容になることをコメントした。

‘Loki’ Will Return for Season 2 on Disney+

『シーズン1をやることができてとても感謝しています。(中略)私たちはすでにシーズン2について議論中です。始めるのが待ちきれませんね。ファンがいなければシーズン2は作れないので、ファンの皆さんにも感謝したいです。シーズン1は驚きに満ちていましたが、シーズン2はさらに充実すると思います。

トム・ヒドルストンはシーズン1を超える内容を約束してくれた。
最終話はまさにクリフハンガー的な終わり方をしたため、その続きがどうなるかともどかしい気持ちになっているファンは多くいるだろう。

ただMCUシリーズの一部ということで、この後の出来事が別の映画やドラマで処理されることも考えられる。そのためシーズン2はさらに予測ができないストーリーになることが考えられるだろう。

ちなみにシーズン2の製作についてはケイト・ヘロン監督は続投しないことを本人が明かしている。

Loki Director Not Returning for Season 2

私は戻ってはきません。(中略)来シーズンはファンとして楽しめて本当に嬉しいですが、ここでやったことを誇り思い、全力を尽くしました。』

シーズン2を製作する次期監督についてはまだ判明していないが、これから製作に向けての準備が進められていくと思われる。
ちなみに脚本についてはシーズン1同様にマイケル・ウォルドロン氏が執筆するといわれている。

果たして『ロキ』シーズン2はどのようなサプライズが用意されていくのだろうか?今後新たな情報が入り次第お知らせしていく。

関連記事を読む

コメントをする