『ジョーカー』続編、まだ計画は進行中? ー 海外メディアが触れる

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ホアキン・フェニックス主演で大成功をおさめたDCコミックス映画『ジョーカー』は、アカデミー賞主演男優賞などを受賞することで新たなアメコミ映画像を確立した伝説の作品となった。

そんな今作は公開後に続編製作の噂があったが、メガホンをとったトッド・フィリップス監督やホアキン自身はその情報を否定していた。

しかし海外メディアのハリウッドレポーターでは、まだ『ジョーカー』の続編が製作進行中であるかのような記述がされている。

Behind Warner Bros.’ Search for a Black Superman

『ロバート・パティンソンが主演し、3月に公開が予定されているマット・リーブス監督の「ザ・バットマン」、HBO Maxで配信されるゴッサム市警のスピンオフドラマ、「ジョーカー」の計画された続編を除いて、すべての映画とドラマは同じユニバースで展開されます。』

記事ではエズラ・ミラー主演の『フラッシュ』に触れながら、複数の映画やドラマが同じユニバースを共有することについて触れている。そのなかで『ザ・バットマン』や『ジョーカー』は独立していることを言及している。

映画情報に関しては確たる信頼性のあるハリウッドレポーターなだけに、この言葉にもある程度裏付けがあると考えられる。

ユニバースが異なることは何となくわかってはいたが、どうにも『ジョーカー』の続編についてはピンとこないところもある。
終わり方としても完璧な映画だっただけに、続編が製作されるとなるとアーサーがジョーカーとなってしまったあとのゴッサムシティを描いていくのだろうか?

いずれにしても極端に情報が少ない『ジョーカー』の続編なだけに、今後のニュースには十分に注目しておきたいところだろう。

関連記事を読む

コメントをする