『ソー ラグナロク』の未公開シーンが公開! - ホームレスのオーディンや『ラブ&サンダー』の伏線も?

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

アメリカで発売されたインフィニティサーガの作品を収録した『インフィニティサーガBOX』。そこには本編の映画だけではなく、様々な未公開シーンが公開されています。

以前の記事では『シビルウォー/キャプテンアメリカ』のバロン・ジモの未公開シーンが明らかになっていましたが、今回は『マイティ・ソー/バトルロイヤル(原題:ソー ラグナロク)』の予告では存在したあるシーンが公開されました。

後ろの壁に注目?

インフィニティサーガBOXでは、『ソー ラグナロク』の未公開シーンが存在。ヘラの復活シーンの異なるバージョンを見ることができます。

動画ではニューヨークの裏通りとみられる場所でソーとロキ、そしてホームレスとなったオーディンが登場しています。彼らは次元の裂け目から現れるヘラを待ち受けている様子。ヘラが現れたことによってソーやロキは戦闘態勢に入ったところで動画は終わっています。

先に実際に劇場で公開されたものを解説しておくと、場所は北欧の草原のような場所、オーディンは力尽きたように消滅していき、その直後に次元の裂け目からヘラが現れるというシーンでした。

未公開シーンで大きく異なっているのは場所とオーディンの生死ですね。ニューヨークの裏路地に関しては今作の初期予告で登場していました。その後はタイカ・ワイティティ監督が『クールではない』という理由で北欧の草原に変更されています。

オーディンの生死の違いに関しては全く不明ですね。映画ではオーディンが消滅したことによってヘラの幽閉が解き放たれ、ソーたちの前に現れたように見えました。しかし未公開シーンではオーディンが存在しながらもヘラが何らかの理由にって現れています。

ヘラが幽閉から解放された理由は、初期の脚本では大きく異なっていたのかもしれませんね。ただ劇場公開されたものの方が納得感があるのは事実ではありますが。

またソーたちの後ろにある壁のポスターにも注目してみましょう。

Thor Love and Thunder title easter egg from Ragnarok deleted scene. Journey Into Mystery for Thor 5? from r/marvelstudios

3人の後ろに貼られたポスターには「THUNDER LOVE(サンダーラブ)」という名前のバンドのポスターが確認できます。お分かりの通りこれはソー4作目である『ソー ラブ&サンダー』のタイトルに酷似しています。
マーベル・スタジオは3作目製作時点ですでに4作目の製作が決まっており、タイトルも固めていたのでしょうか?だとしたら『ラグナロク』の大ヒットも予測していたことになり、スタジオの綿密な計画性をうかがい知ることができます。

このような未公開シーンがいくつか収録されたインフィニティサーガBOX。果たして日本での発売はされるのでしょうか?
今後新たな情報が入り次第お知らせいたします。

関連記事を読む

コメントをする