『ソー ラブ&サンダー』、ジェーンはソーとは別の力を手に入れる? - コミックとは異なる可能性

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCUシリーズとしては初の単独映画4作目となる『ソー ラブ&サンダー』。
今作では『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』以来の本格MCU復帰となるナタリー・ポートマン演じるジェーン・フォスターが再登場することになっている。

彼女は映画のなかで雷神の力を手に入れ、”マイティ・ソー”と呼ばれるソーとは別のヒーローになるといわれているが、どうやらその力はソーとはまた別種のものになるようだ。

ガンに侵されるのは同じ

『ソー ラブ&サンダー』でジェーン・フォスターを演じるナタリー・ポートマンは海外の番組『ケリー・クラークソン・ショー』に出演し、映画のなかでジェーンはソーとは異なる力を手に入れることを示唆している。

『彼女には力があります。それはソーとは全く同じではありません。それは彼女自身のものです。そして彼女はマイティ・ソーと呼ばれています。』

コミックではムジョルニアを持ち上げることができなくなったソーの代わりに、ジェーンがムジョルニアを手にし雷神へと変身するといった内容だった。ジェーンは乳がんに侵されていたが、マイティ・ソーになっている間はその苦しみからも解き放たれている。

映画ではコミックと同じくジェーンがガンに侵されてしまうことは、ナタリー・ポートマン自身から明らかにされていたが、どのようにしてマイティ・ソーの力を手に入れるかまでは言及されていない。

コミックと異なる方法での変身だとすると、どのようにして雷神の力を手に入れるのだろうか?
そもそもムジョルニア自体も『マイティ・ソー/バトルロイヤル』冒頭でヘラによって破壊されている。『アベンジャーズ/エンドゲーム』でのものは過去の時間軸からソーが勝手に持ってきたもので、その後はキャプテンアメリカによって返却されたと思われる。

まだまだ謎多き作品『ソー ラブ&サンダー』。ナタリー・ポートマンは今作について「本当にばかげていて、おもしろくて、素晴らしい」とコメントしていた。
最近ではヴィラン役のクリスチャン・ベールも現地入りしたといわれており、ますます映画についての情報が伝えられていくだろう。
今作は2022年2月11日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする