『ソー ラブ&サンダー』の撮影セットが目撃 - ゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーの故郷か?

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ついに撮影が開始されたとみられるMCUシリーズ最新作の『ソー ラブ&サンダー』
オーストラリアにはメインキャストが集結しており、撮影セットも目撃され始めている。

そんな一部のセットからは、今作のヴィランに関わるものと見られるシーンの撮影が行われるとみられている。

家族を失った故郷の星

海外メディアからの情報によると、MCUシリーズの『ソー ラブ&サンダー』は撮影が始まっているとみられており、その撮影セットが目撃された。

詳細は不明だが、岩石や砂山のようなセットを見ることができ、荒野のような舞台をイメージしたシーンの撮影を行っているとみられる。
予想によるとこれは今作のヴィランであるゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーの故郷である名もなき星だとみられている。

この星にてブッチャーは両親や妻、子供を失っており、神々に憎しみを抱くようになった。映画では冒頭にて描かれるていくと推測することができる。

ブッチャー役には『ダークナイト』でバットマンを演じたクリスチャン・ベールが出演することになっており、非常に注目度の高いキャスティングになっている。

本作にはほかにもジェーン・フォスター役のナタリー・ポートマンや、テッサ・トンプソンのヴァルキリー、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』からはスターロード役のクリス・プラットをはじめとしたメインキャラクターの登場も伝えられている。

そのほか、2作目以来の登場となるレディ・シフ役のジェイミー・アレキサンダーや、マット・デイモンなどの再出演も噂されている。

まさにシリーズの集大成とクロスオーバーのようなてんこ盛り映画となる『ソー ラブ&サンダー』。映画は2022年2月11日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする