『ソー ラブ&サンダー』新ビジュアルのソー&スターロードが目撃 - ヤギも撮影に参加?

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ついに撮影が始められてたMCUシリーズ最新作『ソー ラブ&サンダー』
撮影はオーストラリアで開始されており、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のキャスト陣も参加することで大きな話題を呼んでいる。

そんな今作の撮影現場の様子がついに目撃された!

ソーは痩せて、スターロードも新コートに?

オーストラリアで撮影されている『ソー ラブ&サンダー』のセット写真では、ソー役のクリス・ヘムズワースとスターロード役のクリス・プラットのWクリスが目撃された。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』では長年の引きこもり生活によって見事に太ってしまったソーだったが、サノスとの対決を終えてガーディアンズとともに宇宙へ旅立った後の姿が今作でのソーだ。

そんなソーがどうやら以前の引き締まったカッコいい姿で戻ってくるようだ。髪型も長髪のままとなっており、『マイティ・ソー/バトルロイヤル』の冒頭以来の姿となっている。衣装は赤いベストを着ているところにも注目だ。

スターロードの方も新しいコートを着ているところが気になるポイントだ。『エンドゲーム』から何年の月日が経っているのかはわからないが、ソーが痩せるぐらいにはある程度の期間が過ぎ去っているため、ガーディアンズたちのビジュアルがどのように変化していくのかも楽しみだ。

また別の写真ではカレン・ギラン演じるネビュラと、ショーン・ガン演じるクラグリンの姿も目撃された。

ネビュラもソーやスターロードと同じく『エンドゲーム』以来の登場。クラグリンについては『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』以来の登場だ(『エンドゲーム』にも出演していたがカットされている)。

このほか撮影セットではヤギの姿も目撃された。

結構大きめのヤギだが、海外のファンの予想ではコミックに登場したソーのヤギを演じているのではないかといわれている。
名前はトゥースグナッシャーとトゥースグラインダー
コミックでは二頭のヤギがソーの乗るチャリオットを引く姿も描かれている。

実際にコミック通りのヤギなのかはわからないが、可能性としては十分にあり得るものだろう。

非常に期待の『ソー ラブ&サンダー』は2022年5月6日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする