『ソー:ラブ&サンダー』、劇場販売用ポップコーンカップデザインから二人のソーが確認 ー ムジョルニアのビジュアルも

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズの最新作として公開を控えている映画『ソー:ラブ&サンダー』
今作ではクリス・ヘムズワースのソーに加えて、ナタリー・ポートマン演じるジェーン・フォスターもマイティ・ソーとしてヒーローに目覚めることが描かれるとされている。

そのビジュアルにも注目が集まっているが、ツイッターにて今作の劇場販売用ポップコーンカップのデザインが判明し、そこには二人のソーとストームブレイカー、ヒビの入ったムジョルニアのデザインなどが確認されている。

二人のソーのビジュアルについては先日バンダイ・スピリッツのS.H.フィギュアーツの商品画像から判明したものと同じのようで、稲妻をまといながら飛びかかるソーとマイティ・ソーの姿が描かれている。マイティ・ソーはムジョルニアを持っていることもわかる。

ストームブレイカーについては今までの映画に登場したものからは大きく変化は無く、大きな刃を振るうソーの姿をまた観ることができそうだ。

ムジョルニアは前作『マイティ・ソー/バトルロイヤル』の冒頭でヘラによって片手で砕かれてしまっていたが、どうやら今作で修復され、ヒビの入ったムジョルニアのビジュアルを観ることができる。フィギュアなどの情報からもわかっていたが、プロモアートで改めて確認できるのは新鮮だ。

いまのところジェーンがどのようにしてマイティ・ソーになり、そしてどのようにしてムジョルニアが修復されるのかは全くわかっていないが、MCUの単独映画としては初の4作目となるため、その注目度も高い映画となっている。

果たして二人のソーはどのような活躍を見せてくれるのだろうか?『ソー:ラブ&サンダー』は2022年7月8日に全米公開予定だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全51作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。