『ソー:ラブ・アンド・サンダー』新たなスーツ姿が判明か ー 大きく異るビジュアルに

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

※この記事には『ソー:ラブ・アンド・サンダー』のネタバレが含まれている可能性があります。苦手な方はご注意ください。

MCUシリーズとして2022年に公開を予定している映画『ソー:ラブ・アンド・サンダー』
単独映画としてはMCUとしても初の4作品目となり、物語にも注目が集まっている中、海外の掲示板より今作に登場するソーの新たな姿が投稿されて話題になっている。

※この記事には『ソー:ラブ・アンド・サンダー』のネタバレが含まれている可能性があります。苦手な方はご注意ください。

海外の掲示板Radditのとあるユーザーは、『ソー:ラブ・アンド・サンダー』に登場するソーの新たな姿が描かれたプロモアートを共有。マイティ・ソーとなったジェーン・フォスターと並ぶソーは、ゴールドのスーツを身にまとい、コミックでも付けていたマスクをかぶっていることがわかる。

手にはストームブレイカーを持ち、体型も『アベンジャーズ/エンドゲーム』からはダイエットしていることもわかる。

今までのスーツでシルバーだった部分、特に腕が金色になったことで非常に印象が異なっている。また今までは1作品目でほんの少しだけかぶったマスク(劇中は冠のようなものだったが)姿も観ることができ、以前のソーとは大きく差別化されていることがよく分かる。

新たなソーのシリーズの展開を示唆しているようなコンセプトアートなだけに、映画の内容にも期待したいところだ。

『ソー:ラブ・アンド・サンダー』は2022年7月8日に全米公開予定だ。

関連記事を読む