『ソー:ラブ&サンダー』ジェーンの〇〇〇の〇〇〇は何だった? ー ナタリー・ポートマン「教えてあげない」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

※この記事には『ソー:ラブ&サンダー』のネタバレが含まれています。ご注意ください。

MCUシリーズの『ソー:ラブ&サンダー』ではナタリー・ポートマン演じるジェーン・フォスターがマイティ・ソーという新たなヒーローとして再登場を果たしており、映画でも思う存分にその雷神パワーを振りかざしてソーとともに共闘していた。

しかしムジョルニアを振るうことによってガンと戦う体力を消耗してしまい、最後はガンの進行を抑えることができずにソーの腕のなかで息絶えた

そんなジェーンは劇中でもヒーローとして”決め台詞”をどうするかについて悩んでいたが、それを最後にソーに耳打ちする形で教えていた。
見ている観客にはその答えは示されていないが、演じるナタリー・ポートマンは海外メディアのインタビューのなかで、脚本には実際にセリフがあったことを明かしてくれた。

『あのシーンを撮影するのはとても楽しかったですね。(決め台詞には)特定のセリフがありましたが、私はそれを教えてあげることは絶対にないでしょうね

演技としてただ耳打ちしただけではなく、しっかりと脚本にかかれているというのは驚きだ。
やはりどのような決め台詞をジェーンは最後に考えたのかは気になるところ。ナタリー・ポートマンの口からは教えてもらえなそうなので、今後他のキャストやスタッフから明かされることを期待したいところ。

ジェーン・フォスターはソーの腕のなかで力尽きた後に神々の天国であるヴァルハラに旅立ち、映画でのポストクレジットシーンにてヘイムダルと再会するシーンが描かれていた。映像でヴァルハラが描かれるのは今回が初めてであり、過去の『マイティ・ソー』で旅立っていた父のオーディンや母のフリッガ、さらには弟のロキもこのヴァルハラにいると思われる。

今後のシリーズでどのように関わってくるかは分からないが、少し別の形でジェーンも再登場してくれることに期待をしておこう。

『ソー:ラブ&サンダー』は2022年7月8日より日本でも劇場公開中だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。