『ソー ラブ&サンダー』ジェーン・フォスターのマイティ・ソーの姿が判明か? ー プロモアートが投稿される

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

公開に向けて編集作業が行われているMCUシリーズ最新作の『ソー ラブ&サンダー』。今作についてはあまり多くのことは判明していないが、ナタリー・ポートマン演じるジェーン・フォスターが『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』以来のリターンを果たすことになっている。しかもムジョルニアを持ち上げる雷神のマイティ・ソーになるというのだから期待だ。

そんな彼女の劇中での姿と思しきプロモアートがファンの間でにわかに話題ととなっている。

このプロモアートは製作スタッフに送られたTシャツにプリントされたもの。先日にもソーの姿をイラスト風にしたデザインが明らかにされていた。

イラストにはおなじみのスーツを着てストームブレイカーを持つソーと、アスガルドの女王となったヴァルキリー、そしてムジョルニアを持ちマスクを付けたマイティ・ソーの姿を確認することができる。おそらくこれがジェーン・フォスターが変身した姿なのだろう。

ビジュアルはコミックの姿そのままで、ひょっとすると今回のプロモアートは実写に則したものではない可能性もあるため注意は必要だ。
ただそこまで大きくズレることは考えにくく、劇中でどのようなジェーンがおなじみの姿になることにぜひとも期待をしておこう。

プロモアートを見る限りソーとヴァルキリー、ジェーンの3人がメインになることも示唆されているため、クリスチャン・ベール演じるゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーがどれほどの強敵なのかというのもよくわかる。

徐々に映画の情報が出始めている『ソー ラブ&サンダー』は2022年5月6日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする