『ソー ラブ&サンダー』にロキは登場するの? ー 監督『なにも言うことはできない』

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCUシリーズとしては異例の4作目となる『ソー ラブ&サンダー』。『アベンジャーズ/エンドゲーム』の後のストーリーになる予定で、ソーがガーディアンズ・オブ・ギャラクシーと旅立った後にどうなったかも描かれると予想される。
ただ、ソーといえば弟のロキも気になるポイントだ。

そんなロキの登場について聞かれた監督はどのような反応を示したのか?

ドラマとの関係は?

『ソー ラブ&サンダー』でメガホンをとるタイカ・ワイティティ監督は、インスタグラムでのライブセッションにてファンからロキの登場について質問され、このように回答している。

『あーーーー、えっと、答えることはできないね

明らかに躊躇したような反応をしたあとに、ノーコメントの意思を示したワイティティ監督。これはなにか怪しいとおもってしまいますね。やっぱりソーといえばロキは欠かすことのできない存在。何かしらの方法で『ラブ&サンダー』にも登場してくるのか?

ロキは『アベンジャーズ/インフィニティウォー』の序盤でサノスによって殺害されており、それ以降は現代の時間軸では登場していない。
『アベンジャーズ/エンドゲーム』ではインフィニティストーンを奪取するために2012年の『アベンジャーズ』のNY決戦時に戻ったトニー・スタークとスコット・ラングが、スペースストーンを取りこぼし、ロキがそのままどこかへ逃亡していた。本来の歴史ではアスガルドに連行され、幽閉されるはずだった。

逃亡後のロキを描くのがDisney+ (ディズニープラス)ドラマの『ロキ』。平行世界へと分岐してしまったロキがまたなにか悪だくみを働くストーリーになると思われ、本来の時間軸ともどのように関係してくのか注目すべきポイントだ。

『ソー ラブ&サンダー』自体が『ロキ』の配信以降の公開となっているため、やはり何かしらの繋がりを期待してしまう。ただ簡単に蘇らせてほしくないのも本音だ。
ロキをはじめ、ガモーラやナターシャ・ロマノフ、そしてトニー・スタークの偉大な犠牲の元でサノスを倒すことができたのだから、あまり安直な方法で帰ってほしくはないですね。

果たして『ラブ&サンダー』にロキは登場するのだろうか?映画2022年2月18日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする