『ソー:ラブ&サンダー』、”あのキャラたち”も登場予定だった ー クリスチャン・ベールが明かす

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

※この記事には『ソー:ラブ&サンダー』のネタバレが含まれている可能性があります。ご注意ください。

MCUシリーズとして公開を迎える映画『ソー:ラブ&サンダー』
今作はシリーズ4作目としてソーを始めとしてその周辺のキャラクターも再登場することになっているが、もちろん全員が登場を果たしているわけではない。
そしてその内の二人のキャラクターについては実は撮影がされていたにも関わらず、実際の映画では登場シーンがカットされてしまっていることを、ヴィランのゴアを演じるクリスチャン・ベール海外メディアのインタビューで明らかにしている。

『僕はピーター・ディンクレイジと一緒に仕事をしていましたね。ただ最終的に映画には盛り込まれませんでしたが、彼とともに働く必要があり、とても素晴らしかったですね。(中略)ジェフ・ゴールドブラムと仕事もしました。彼も最終的に映画には登場していません。素晴らしいシーンがたくさんありにも関わらず、それらはすべて編集室の床に散らばったままです』

ピーター・ディンクレイジは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に登場したニダベリアにある工房で働くドワーフのひとりのエイトリを演じた俳優だ。劇中ではソーに協力する形でストームブレイカーの鋳造を行っていた。

ジェフ・ゴールドブラムは前作『マイティ・ソー/バトルロイヤル』グランド・マスターを演じた名俳優だ。劇中では惑星サカールの統治者として登場し、どこか抜けていながらも、服従ディスクによって惑星の人々やソーたちを支配していた。

いずれのキャラクターもソーに関係あったキャラなために今作にてどのような役割で登場予定だったのかは気になるところだが、クリスチャン・ベールによればカットされてしまったために見ることはできない。

どういった理由でのカットかはわからないが、今後DVDやデジタルリリース時にボーナス映像として解禁されることを願いたいところだ。

数多くの人気キャラクターが登場する『ソー:ラブ&サンダー』は2022年7月8日より日米同時公開予定だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。