クリスチャン・ベール、『ソー ラブ&サンダー』にヴィラン役で出演決定! - バットマン俳優のMCU出演は2人目

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

アメコミファンとしては嬉しい情報が入ってきた。

MCU最新映画『ソー ラブ&サンダー』に、『ダークナイト』トリロジーでバットマンを演じたクリスチャン・ベールがヴィランとして出演することがわかった。

マイケル・キートンに次いで2人目

クリスチャン・ベールの出演情報は、ヴァルキリーを演じる共演者のテッサ・トンプソンの口から明らかにされた。

Tessa Thompson Reacts to Christian Bale Playing the Villain in ‘Thor: Love and Thunder’ (Exclusive)

海外メディアのEntertainment Tonightのインタビューの答えたテッサ・トンプソンは次のようにコメントしている。

クリスチャン・ベールが私たちのヴィランを演じます!これは素晴らしいことです!』

以前からクリスチャン・ベールの出演交渉に関する噂は入ってきていたが、ついにそれが実現したことになる。ちなみに具体的にどのようなキャラクターを演じるのかはわかっていない。

かつてバットマンを演じた俳優がMCU映画でヴィランとして出演するのは今回で2例目。最初は『スパイダーマン:ホームカミング』にてエイドリアン・トゥームス/ヴァルチャーを、バットマンを演じた経験のあるマイケル・キートンが演じてみせた。彼は2020年7月に公開予定のソニー・ピクチャーズ映画『モービウス』にも同役で出演すると予想されている。

テッサ・トンプソンは他にもインタビューの中で今作の脚本をすでに読み、ダブルヒロインポジションになるナタリー・ポートマンとのことについても語った。

『私は脚本を読みました。あまり多くは話せませんが、ナタリー(ジェーン・フォスター役)と私の間で刺激的なやり取りがたくさんあります。楽しんでいますね。』

『ソー ラブ&サンダー』は『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の世界を舞台に、MCU単独映画としては異例の4作目となる。ヒロインのジェーン・フォスター役のナタリー・ポートマンが本格復帰を果たし、劇中で彼女はムジョルニアを持ちあえる”マイティ・ソー”へと変身するとのこと。

これ以上の詳細な情報は判明していないが、2019年末に開催された東京コミコン2019でゲストとして来日したソー役のクリス・ヘムズワースは、今作が2020年夏頃に撮影開始されると明かしている。

果たしてクリスチャン・ベールはどのような役柄でソーたちと対決することになるのだろうか?今後の情報に注目です。
映画は2021年11月5日に全米公開予定です。

関連記事を読む

コメントをする