『ソー ラブ&サンダー』、クリスチャン・ベール演じるゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーを演じる - 神殺しのヴィラン

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

大量の新作と最新情報が公開されたMCUシリーズ。数多くのニュースに頭の整理が追い付かないが、『ソー ラブ&サンダー』でクリスチャン・ベールが演じるヴィランの詳細情報も明らかにされた。

神を恨む凶悪ヴィランに

マーベル・スタジオは、『ソー ラブ&サンダー』でヴィランを演じるクリスチャン・ベールの役名が、「ゴア・ザ・ゴッド・ブッチャー」であることを発表した。

コミックでのゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーは家族を亡くしたことをきっかけに神々の存在を憎むようになった。過去・現在・未来にかけてすべての神々を虐殺しようと目論む最凶のヴィランだ。

『ダークナイト』シリーズでヒーローであるバットマンを演じたクリスチャン・ベールとしては、家族が殺されたこと・復讐に生きる男はどことなく共通点も感じるキャラクターでもあるだろう。

今作はクリスチャン・ベールの役柄の発表のほかにも公開日がさらに2022年2月から5月にずれ込んだことも発表した。

まだまだ謎めいている作品ではあるが、映画にはナタリー・ポートマン演じるジェーン・フォスターやテッサ・トンプソン演じるヴァルキリーも再登場する。また『アベンジャーズ/インフィニティウォー』と『エンドゲーム』で共演したガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバーも登場予定だ。

『ソー ラブ&サンダー』は2022年5月5日に全米公開予定

関連記事を読む

コメントをする