『ソー:ラブ&サンダー』クリスチャン・ベール、MCUを知らなかった ー 「何か聞かないといけなかった」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズの新作として公開を控えている映画『ソー:ラブ&サンダー』では、かつて『ダークナイト』シリーズでバットマンを演じたクリスチャン・ベールがヴィランのゴアとして出演を果たしている。

DCのヒーローからマーベルのヴィランへと転生することになった彼だが、どうやら映画に出演するまではMCUシリーズがなにかを知らなかったことを海外メディアのトータルフィルムに明かしている。

『(バットマンの後にアメコミキャラを演じるか考えていたかを聞かれ)考えたことはなかった。まったく頭に入っていなかったですね。僕は脚本を読んで、そして「あぁ、彼がMCUに参加した!」と言われたんだけど、私は「MCU?それが何であるかを尋ねなければなりませんね」と思った』

ほかにもクリスチャン・ベールはゴアのキャラクターについてタイカ・ワイティティ監督から考えを聞いて演じたとも話しており、カメレオン俳優としても称される俳優が、初めて知ったMCUシリーズでどのようなヴィランを演じるのか気になるところだ。

予告編などでは白い肌に不気味な傷を持つ姿になっており、神々に恨みを持つキャラクターとなっている。おそらくはいままでのシリーズのなかでも強敵であることは間違いない。

マイケル・キートンのヴァルチャーについで二人目のバットマン俳優のヴィランが登場する『ソー:ラブ&サンダー』は2022年7月8日より日米同時公開予定だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。