『ソー ラブ&サンダー』キャスティングコールが判明 - 撮影は21年1月~6月

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCUシリーズ最新作の『ソー ラブ&サンダー』はオーストラリアにて、撮影に向けた準備を着々と進めており、公開が延期されながらも近いうちにクランクインされるといわれている。

海外メディアによると今作に出演するための俳優募集の情報が入ってきた。

撮影は約半年間に

海外メディアのThe Directは、『ソー ラブ&サンダー』に出演するための俳優を探すための情報を伝えている。

Thor: Love and Thunder Seemingly Casting Chris Hemsworth, Natalie Portman & More Stand-in Actors

俳優にはブロンドカラーの髪に筋肉質の体格、18-40歳の男性、またはブロンドカラーかブルネットカラーの髪の白人女性を探しているとのこと。またアフリカ系アメリカ人の10~18歳ほどの女性も探している。

これらの情報だけではどういったシーンに登場する、どういったキャラクターなのかはわからないが、撮影期間には2021年1月~6月を予定しているとのことだ。

すでにメインキャストの面々はオーストラリア入りしているといわれており、大幅に遅れた撮影スケジュールがいよいよ始まる準備が整ってきた。

今作には主演のクリス・ヘムズワースをはじめとして、ヴァルキリー役のテッサ・トンプソン、ジェーン・フォスター役のナタリー・ポートマンが出演する。

ジェーンは映画の中でムジョルニアを持ち上げることで雷神の力を得て、”マイティ・ソー”へと変身することになっているが、コミックとは幾分か設定が異なるとも本人から伝えられている。

映画には他にも『ダークナイト』シリーズでバットマンを演じたクリスチャン・ベールがヴィラン役として出演する予定だ。

まだまだ謎多き『ソー ラブ&サンダー』は2022年2月11日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする