『ソー ラブ&サンダー』、実質『アベンジャーズ5』のような作品に? ー 複数ヒーローがアッセンブル?

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCUシリーズの単独映画4作目の『ソー ラブ&サンダー』は徐々に撮影に開始に向けて準備が進められており、続々とキャストが撮影現場に集まり始めていると報じられている。
そんな今作はいまだにどのような作品になるのかはわかっていないが、少し気になる情報が入ってきた。

ガーディアンズとのチームアップも?

海外メディアのハリウッドレポーターによると、2021年1月に撮影開始予定の映画『ソー ラブ&サンダー』は、実質的に『アベンジャーズ5』のようなチームアップ映画になる可能性があると伝えている。

Marvel’s ‘Black Panther’ Sequel Shoot to Begin in July (Exclusive)

記事では今作に対して「アベンジャーズ5のような感触がある」と伝えている。具体的になにに対してそのようなコメントをしているかは不明だが、すでに決まっている出演者を見る限りだとあながち間違ってはいないかもしれない。

ソー役で主演のクリス・ヘムズワースに加えて、ジェーン・フォスター役のナタリー・ポートマン、ヴァルキリー役のテッサ・トンプソンなどのシリーズではおなじみのキャラクターが登場することがわかっている。
また『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で主人公のスターロードを演じたクリス・プラットの出演も決定しており、この時点で『マイティ・ソー』と『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の2作品がクロスオーバーすることは確定しているのだ。

スターロード以外のガーディアンズのメンバーも可能性はあり、グルートの声優を務めるヴィン・ディーゼルも今作へ出演すると予想されている。

このほかにもアベンジャーズから別のキャラクターが登場することはあるのだろうか?今のところ映画の舞台がどこになるのかもわかっていないが、アスガルドであれば『アベンジャーズ/エンドゲーム』でも描かれた北欧の”ニュー・アスガルド”が登場してくるかもしれない。地球でのストーリーならば他のヒーローが現れるのも容易なため、期待しておきたいところだ。

いずれにしても今作は間もなく撮影が開始され、2022年2月11日の全米公開日にはすべての謎が解けるだろう。

関連記事を読む

コメントをする