『ザ・スーサイド・スクワッド』スピンオフドラマ、『ピースメーカー』製作へ! - ジェームズ・ガンが監督・脚本に

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ジェームズ・ガン監督がメガホンをとったDCコミックス最新映画『ザ・スーサイド・スクワッド』。先日行われたオンラインイベントのDC FanDomeで公開された予告編でも非常に大きな注目を集めていた。

期待も日に日に膨らんでいる今作のスピンオフドラマが早くも製作決定した!

ピースメーカーが主人公に

ジェームズ・ガン監督は自身のツイッターで『ザ・スーサイド・スクワッド』のスピンオフドラマ『ピースメーカー』の製作をすることをアナウンスした!

ドラマ『ピースメーカー』は最近ではDCコミックス作品に注力をしているHBO Maxのオリジナルドラマとして製作・配信を予定しているとのことだ。
主演には映画と同じくジョン・シナが同役を演じることとなる。

ジェームズ・ガン監督全8エピソードの脚本を手掛け、最初のエピソードを含めて複数の話でもメガホンをとると伝えられている。

伝えられているところによると、『ピースメーカー』は映画の前日譚になるとみられ、彼の起源をめぐる作品になるとのことだ。エグゼクティブプロデューサーには同じくDC映画の『シャザム!』や『アクアマン』を手掛けた映画プロデューサーのピーター・サフラン氏が就任。主演のジョン・シナ自身も共同エグゼクティブプロデューサーに就任する予定だ。

ジェームズ・ガン監督は今作について次のように述べている。

『「ピースメーカー」は、スーパーヒーロー/スーパーヴィラン、そして世界最大のクソ野郎のレンズを通して、現実の世界問題を掘り下げていく作品です。「スーサイド・スクワッド」を拡張して、このキャラクターをDC映画の世界からシリーズのすべてに持っていくことを興奮しています。』

DC映画のスピンオフとしてドラマが製作されるのは、マット・リーブス監督・脚本、ロバート・パティンソンが主演の映画『ザ・バットマン』以来となる。『ザ・バットマン』ではゴッサム市警に焦点を当てた映画の前日譚ドラマとなり、同じくHBO Maxで配信を予定している。

そのほかHBO Maxでは『グリーンランタン』『ストレンジ・アドベンチャー』のドラマシリーズも製作予定だ。

ドラマ『ピースメーカー』の配信時期については判明していない。映画『ザ・スーサイド・スクワッド』は2021年8月6日に全米公開を予定している。

関連記事を読む

コメントをする