『ザ・スーサイド・スクワッド』ジェームズ・ガン監督、次なるDC作品製作を示唆 - マーゴット・ロビーとの会談も?

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

DCコミックスの最新映画として公開を控えている『ザ・スーサイド・スクワッド』は、MCUシリーズの人気映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を製作したジェームズ・ガン監督によって生まれ変わり、さらにはジョン・シナ主演でスピンオフドラマ『ピースメイカー』の製作も予定されている。

DCEUシリーズに新しい風を吹き込むと期待されているジェームズ・ガン監督は、さらに次なるDC作品の製作について言及をした。

ハーレイ関連の映画か?

『ザ・スーサイド・スクワッド』のジェームズ・ガン監督は自身のインスタグラムにてファンからの質問に答え、今後DCコミックスを原作とした作品に取り組むかどうかの疑問に回答をした。

THE SUICIDE SQUAD Director James Gunn Teases Working On Another DC Project After PEACEMAKER

『たぶんすこしだけ、片方のつま先が入り込んでいる。

明言を避けるとともに、なにかしらの新しい計画があることを示唆している。『ザ・スーサイド・スクワッド』と『ピースメイカー』以降の作品となるため、これらの続編か、または全く新しいキャラクターを主人公にしたものになるだろう。

ちなみにガン監督は『ザ・スーサイド・スクワッド』関連の作品の仕事が落ち着き次第、次はMCUシリーズの『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol.3』の製作を予定しており、少なくともこれらの製作が済んでからの動きとなるだろう。

またガン監督はほかにも、ハーレイ・クインを演じた人気女優のマーゴット・ロビーとも話し合いをしていることを明かしている。すでに映画でタッグを組んでいる2人なだけに、ひょっとするとハーレイを主人公とした新たな作品に取り組んでいくのかもしれない。

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』の続編については何も聞かれてはいないが、以前から製作の話が浮上していた『ゴッサムシティ・最レンズ』や『バーズVSサイレンズ』などの作品もハーレイの映画として候補に挙げることができるだろう。

いずれにしても内部的にはまだ初期段階の状態と考えられるため、今後の情報にはより注目をしていこう。
『ザ・スーサイド・スクワッド』は2021年8月6日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする