『ザ・スーサイド・スクワッド』本編クリップが公開! ーTDKがグロい能力を発揮

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

間もなく公開が迫っているDCEUシリーズ最新作の『ザ・スーサイド・スクワッド』。そんな今作から初のクリップ動画が公開された。

動画のなかではT.D.Kと呼ばれるチームの一員の活躍が描かれており、腕を分断させて不気味に浮遊させて銃を持つ兵士たちを単純に殴るといったシーン。
その切断面はなかなかのグロテスクで、骨も飛び出している。これだけでも前回の『スーサイド・スクワッド』と違っていることがわかるだろう。
ハーレイ・クインが汚い言葉をはく気持ちもわかる。

『ザ・スーサイド・スクワッド』はジェームズ・ガン監督によって製作された映画で、前作からはソフトリブートされた作品となっている。ストーリー上では大きな繋がりは内容だが、マーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインなどのいくつかのキャラクターは同じ俳優で続投している。

一方でハードなグロ表現などが含まれているとして、日本でもR15指定で公開を予定している。ハーレイ・クインが登場する映画としては2度目のR指定となる。

新たなDC映画の幕開けともいえる『ザ・スーサイド・スクワッド』は2021年8月13日より日本公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする