韓国俳優パク・ソジュン、『ザ・マーベルズ』出演の報道 ー 役柄は不明

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ブリー・ラーソン主演映画として続編の『ザ・マーベルズ』に、新たな顔が加わるとのニュースが入ってきた。

Captain Marvel 2: The Marvels Reportedly Casts South Korean Actor Park Seo-joon

海外メディアによると、『パラサイト 半地下の家族』やNetflixドラマ『梨泰院クラス』に出演した人気韓国人俳優のパク・ソジュンが今作に出演すると報じている。役どころは不明だ。
韓国や日本でも人気のパク・ソジュンが本格的なハリウッド映画デビューを果たすとして、ハリウッド市場での韓国人俳優の進出がさらに加速し始めている。

記事によれば2021年後半にも撮影に向けてアメリカに出発するとのことだ。

『ザ・マーベルズ』ではパク・ソジュン以外にもゾウイ・アシュトンが新たにヴィラン役として出演するともいわれており、新たなキャラクターのスクリーンデビューも数多く行われる作品となっている。

『ワンダヴィジョン』でモニカ・ランボーを演じたテヨナ・パリスや、2021年配信予定のDisney+ (ディズニープラス)ドラマ『Ms.マーベル』主演のイマン・ヴェラニも同役で出演することとなっており、マーベルの名を持つ複数のヒーローが同時に活躍するストーリーを楽しめるともいわれている。

『ザ・マーベルズ』の今後のキャスティング情報にも十分に注目しておこう。映画は2022年11月11日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする