アローバースなどの放送局The CWが売却へ ー DCドラマ終了にも影響?

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

DCドラマシリーズの通称アローバースを長年放送してきた放送局のThe CWが、新たにネクスター社に売却されたことが明らかになった

持株の比率としてはネクスターが75%、元の親会社であるワーナー・ブラザース・ディスカバリーとCBSが12.5%を所有することとなった。そのため新たにネクスターが親会社になることが決定した。

最近はアローバースの『バットウーマン』『レジェンド・オブ・トゥモロー』、そして『フラッシュ』も制作終了することが決定しており、アローバースも終焉に向かっていると言われている。この縮小傾向は今回の買収によるものが影響していると一部では囁かれている。

一方で『スーパーマン&ロイス』や現在制作中の『ゴッサムナイツ』は継続して制作されると言われているため、完全にDCドラマのコンテンツが撤退するわけではないようだ。

ワーナーは現在DCコミックスに対して大幅なテコ入れしており、今回のアローバースの縮小やCWの売却もその一環なのではないかと推測されている。またストリーミングサービスのHBO Maxもネーミング変更などのウワサがあるため、映画以外のDCのコンテンツが配給されているサービスが軒並み環境が変わってきている状況だ。

果たしてDCコミックスのドラマシリーズの未来はどうなってしまうのだろうか?今後の情報に注目だ。

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。