『ザ・バットマン』公式の概要が公開 ー ダークなバットマンの姿を描く

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

DCコミックス映画として公開を控えている映画『ザ・バットマン』の公式概要が解禁された。

The Batman Official Synopsis Released By Warner Bros.

『「ザ・バットマン」は、ゴッサムを恐怖に陥れた奇妙な事件の調査のなかで、怒りと正義のバランスに苦悩する初期のバットマンを描いた、エッジの効いたアクション満載のスリラーです。ロバート・パティンソンは、怒りに突き動かされるバットマンを冷酷な連続殺人犯よりも恐ろしく、そして絶望に満ちたバットマンの自警行為を生々しく、強烈に演じている。』

予告編でもわかるように、バットマンは彼自身の怒りに動かされながら、ゴッサムシティの犯罪者たちを私刑にしている。不殺とは言えどもその手荒さは予告の映像からでも感じることができるだろう。
セリフの中には「復讐だ」と宣言する姿もあり、今までのバットマンよりも遥かにダークな印象を与えてくれる。

『ザ・バットマン』は主人公のブルース・ウェイン/バットマン以外にも、リドラー、キャットウーマン、ペンギンなどのヴィランも登場予定だ。またすでにスピンオフ作品としてゴッサム市警に焦点を当てたドラマシリーズの配信も決まっている。このほかコリン・ファレル主演で『ペンギン』の制作も噂されている。

『ザ・バットマン』は2022年3月4日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする