『ザ・バットマン』スピンオフのアーカム・アサイラムドラマの脚本家が決定 ー ゴッサム市警ドラマも進行中?

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

マット・リーヴス監督、ロバート・パティンソン主演で大ヒットを記録した映画『ザ・バットマン』
今作からはすでにスピンオフドラマの制作もアナウンスされており、新たな情報ではアーカム・アサイラムを舞台にしたドラマ作品の脚本に、新たにアントニオ・カンポス氏が決定したことが報じられている

依然としていつ頃制作開始されて配信されるのかなどの情報は明らかになっていないが、ゴッサムシティのヴィランたちを収容しているアーカム・アサイラムを舞台にした作品なだけに、ジョーカーを始めとした有名ヴィランたちの登場にも期待されている。

また今作は元々制作予定だったゴッサム市警のスピンオフドラマの計画を変更したことで生まれたものだとされていたが、どうやら2つのドラマは別物として進行中であることが海外メディアの記者によって報告されている。

以前の情報ではゴッサム市警のドラマは、『ザ・バットマン』の前日譚で、ブルース・ウェインがバットマンとして活動を始めた1年目のゴッサムシティが舞台になっている。映画でジェームズ・ゴードンを演じたジェフェリー・ライトも出演するとされており、ストーリーとしてはゴッサム市警の腐敗を扱う内容になると言われていた。

ただ長い間情報のアップデートが報告されていないため、どこまで計画が進んでいるのかは不透明だ。

この2つのドラマに反してコリン・ファレル主演の『ペンギン』は制作が順調に進んでいるようで、物語は『ザ・バットマン』の一週間後になるとコリン・ファレルの口から明らかにされていた。

果たして『ザ・バットマン』のスピンオフドラマはどのような展開を見せてくれるのだろうか?今後の情報に注目しておこう。

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。