『ザ・バットマン』は2019年撮影開始?公開は2020年以降との噂も

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

DCコミックの中で不動の人気を誇るバットマン。しかし『バットマンVSスーパーマン』や『ジャスティスリーグ』など近年、彼が登場する作品はことごとく不振に終わっています。

そんな中でも単独作品『ザ・バットマン』はマット・リーブス監督によって製作されるとアナウンスされていました。
しかし、海外のメディアサイトHero Hollywoodによると、映画製作は2019年まで行われないとの伝えられています。

Matt Reeves’ ‘The Batman’ Won’t Go Into Production Until 2019

なぜ1年以上も間を開けるのかという理由については、2018年にワーナーブラザーズはDCフィルムを3作品制作するスケジュールとなっているためだと書かれています。

『シャザム!』はすでに撮影開始されており、そのほか『ワンダーウーマン2』と単独作品である『ジョーカー』の年内撮影開始が予定されています。
『ジョーカー』に関しては主演俳優が決まっていないため、本当に2018年のうちに開始されるかは疑問ですね。

もし『ザ・バットマン』が2019年に製作開始となると、公開の予定は2020年か21年になると予想されています。これはバットマンの最後の単独映画『ダークナイト ライジング』公開から8~9年経つこととなり、単独作品間の空白期間としては最長となるようです。

主演として予定されているベン・アフレックに関しても、以前からバットマン役の降板を示唆しており、今作の立ち位置も非常にあいまいな状況が続いています。

DCフィルムは、ライバルのマーベルに比べて歩みが緩やかな映画製作スケジュールとなっており、個人的にも不満が溜まってきています。早く今後のシリーズの方針の結論を出してほしいですね。

DCコミックの実写映画は現在、『アクアマン』が2018年12月公開、『シャザム!』が2019年4月、『ワンダーウーマン2』が11月に公開が予定されています。
これに加えて『フラッシュポイント』などのヒットが期待される作品の製作もスケジューリングされています。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!