サノスのブレード、ヴィブラニウムよりも強い物質で作られていた! - 製作者は誰なのか?

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

日本でもデジタル配信がDVDの先行で開始されたマーベルスタジオ最大のヒット作『アベンジャーズ/エンドゲーム』。終盤にはアベンジャーズのビッグ3であるアイアンマン、キャプテンアメリカ、ソーがサノスと直接対決する熱いシーンもみることができます。

バトルではキャプテンアメリカがムジョルニアを持ち上げ、サノスに雷撃を食らわすシーンがありましたが、もう一つ気になるのがサノスのブレード。ブレードによって最強の強度を誇っていたキャプテンのシールドは破壊されてしまいました。

ヴィブラニウムなどが含まれた合金製のシールドがなぜブレードによって破壊することができたのか?そのこと答えを監督も自らが回答しています。

エイトリが製作した?

『アベンジャーズ/エンドゲーム』でメガホンをとったジョー&アンソニー・ルッソ監督、そして脚本を担当したクリストファー・マルクス氏とスティーヴン・マクフィーリー氏は、今作のボーナストラックにて、サノスのブレードについて言及、その強度の理由を明かしています。

Avengers: Endgame Writer Confirms Thanos’ Blade Is Stronger Than Vibranium

マルクス氏『ヴィブラニウムは地球上でもっとも強力な物質ではありますが、サノスのブレードはそれよりも強かったことがわかります』
ジョー・ルッソ監督『まぁ、サノスは明らかにエイトリを知っていますからね』
マクフィリー氏『そうですね、サノスはエイトリにブレードを製作させたのでしょう。

明確にそのような設定があるのかはわかりませんが、ニダベリアにある工房でムジョルニアやインフィニティガントレットを作り出したエイトリが、サノスのブレードを製作したことを監督や脚本家たちはコメントしています。

実際に素材がどのようなものかは言及されていませんが、ヴィブラニウムよりも強力な物質であることは間違いなさそうです。

MCUではなく、マーベルの世界でヴィブラニウムに匹敵する強度を誇る金属がアダマンチウムです。有名なところではウルヴァリンの爪や骨がこのアダマンチウムでできています。
またムジョルニアやストームブレイカーはウルと呼ばれる神秘的な金属によって作られており、ウルはエイトリが最も扱い方知っているといわれています。

ただ実際にサノスのブレードがアダマンチウムやウル製だったとしても、合金であるキャプテンアメリカのシールドを破壊するのは難しいような気もします。そもそもウル製であるムジョルニアではシールドは破壊されてはいません。またアダマンチウムはMCU世界に登場したこともないため、今のところサノスのブレードが誰がなにを使って製作されたのかの明確な答えはありません。

いずれにしてもシールドよりも強力な金属であることは間違いないです。そうでなけらばあそこまでいとも簡単に破壊されることはありませんからね。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』のDVD&Blu-rayは2019年9月4日に発売予定です。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です