タロン・エガートンが『ハン・ソロ』を演じなかった理由-「コスチュームを着て一日演じたけど…」

この記事を書いた人

さくし

さくし

YouTubeフィギュアレビューなどを上げています/ラジオ ゆとぴのヒーロー界隈談義 サブMC/映画、特撮、デジモン、ヒロアカが好き

Twitter:@sekisakudigimon

Youtube:HuruSaku Channel

いつもご覧いただきありがとうございます。さくし(@sekisakudigimon)です。

現在はドラマシリーズで人気作を多数輩出しているスター・ウォーズシリーズだが、少し前は暗黒の時代だったと言ってもいいだろう。続三部作は賛否両論に終わり、過去のキャラクターにフォーカスを当てた『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』も振るわずに終わってしまった。
『キングスマン』シリーズの人気俳優であるタロン・エガートンは、若き日のハン・ソロの主演俳優の候補として挙がっていたが、最終的にハン・ソロを演じたのはオールデン・エアエンライクだった。
海外の記事によると、タロン・エガートンがインタビューに答え、「一日演じたもののキングスマンほど自分であるべき必要を感じなかった」ことや、「ハリソン・フォードの後を追いたくない」と語った

「正直なところ、ファルコン号に乗って、チューイーと一緒にはいたんだ、フルコスチュームで……でも……わかるだろ、そういう感じだったんだ。そこに行って、それをやって、生活したけど あと1回…やらないことにした。もう十分過去のことだから、そう言えると思う。私が言ったことで、誰も迷惑に思わないといいけど。ただ、『キングスマン』の脚本はそれを読んで『これは…やらなきゃ。これは僕の役なんだ」と思った。ただ、(ソロには)それを感じなかったんだ。」

タロンは、一度は演じたものの、自分には合わなかったと感じたという。そして、さらにはハン・ソロの役として、ハリソン・フォードの後を追いたくなかったとも語った。

「誰もハリソン・フォードの後を追いたいとは思わないだろ?だから、そうならなかったんだ。」

初めから負け戦のように感じてしまっていたようだ。タロンは同時期にX-MENシリーズのサイクロプスの候補としても挙がっていたが、最終的にこちらもオファーを受けなかった。役選びについてはかなり慎重に行っていると思われる。

しかし、実際にハン・ソロを演じたオールデン・エアエンライクは、マーベル・スタジオのディズニー+シリーズ「アイアンハート」に来年参加することが明らかになっている。読みが完全に当たったというわけでもなさそうだ。

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』はDisney+ (ディズニープラス)にて配信中。

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。