『魂ネイション2019』レポート前編!合体・変形!ロボット展示!

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi )です。

もはや特撮・ロボットオタク野郎たちにはおなじみとなっているバンダイスピリッツが開催する一大イベント「魂ネイション」!もちろん今年も開催され、様々なエモいアイテムが展示されていました!

僕も例にもれず会場に足を運びましたので、ざっくりと展示されていたアイテムたちをご紹介していきます!

変形!合体!可動!気合の入ったロボットたち!

今回の魂ネイション2019では大きく分けて、ロボットエリアと特撮・アニメ・洋画系のフィギュアを展示するブースの2つに分かれており、どちらも見どころたっぷりの内容となっていました。秋葉原で開催された2会場とも立地的に近く、また有料エリアでもTAMASHII MEMBERSに会員登録することで、無料で入場することもできる特典がありました。

それではまずはロボットエリアからご紹介していきます!

開場に入るとまず目に入るのが、超合金魂でも発売する15体合体ロボのダイラガー立像!兄弟ながらも素晴らしい再現度!

同時に流れる映像や音楽に合わせてライトアップの演出もめまぐるしく変化していきました。

こちらは人気が衰えないエヴァンゲリオン初号機。

そして『マクロス』のVF-1 バルキリーですね。定番のロボットを左右に構えてダイラガーが中央に立っているのは中々面白い布陣ですね笑
バンダイスピリッツの気合のいれようが伝わってきます。

3体のロボットの立像を抜けると、そこにはロボット好きにはたまらない光景が広がっています。まず最初に目に入ったのは超合金魂のゲッターロボ號!昔ゲームなどでも使ったことがあるので懐かしいですねぇ。

今回は参考出品とのこと。

ゲッターの隣には超合金魂のゴーディアンも。

ミニサイズだけど、塗装の再現度が素晴らしい。

となりには発売を控えているダイラガー

15体のマシンが合体するという、なかなか見ない数の合体ロボが超合金魂で現代の技術により蘇りました。

15体も合体しているようには見えないほどに綺麗なプロポーション!合体ロボット系の玩具はまさにバンダイの十八番ですね。

次は超合金魂のダルタニアス!

こちらも参考出品とのこと。リニューアル版かな?

合体前の状態も展示。

あまり詳しくはないのですが、ベラリオスと言われるライオンメカのプロポーションがよくて、そしてどことなく可愛らしい。

ダルタニアスの隣にはとライダーG7!

安定のクオリティーの高さ!アニメの雰囲気と超合金魂のスタイリッシュさがうまく融合していますね。

存在感バリバリのトライダーさん。

お次は突然緩くなって、超合金魂のハローキティです。台座の「ちょうごうきん」が激ゆる。

なんでもコラボするキティちゃんは、マジンガーZにもなっています。

お次は発売が待たれる『アイアンリーガー』ブース。

昨年の魂ネイションで発表された超合金のアイアンリーガーシリーズ。個人的も幼少期に見ていた記憶のある思い出深い作品ですね。この何とも言えないデフォルメスタイルに凛々しい顔つき、そしてスポーツモチーフという最高の組み合わせがたまらん。2020年の東京オリンピックに向けて再ブームくるか?

マグナムエース早く来い!

中央にディスプレイされているのは、マッハウインディ(右)とゴールドフット(左)。この展示方法エモくないですか??

脚自体は短いのに、ボールに足を乗せて立たせられるのが地味にスゴイ。

その横にはゴールドマスクとゴールドアーム。

奥にもいろいろなキャラクターたちが!こちらはブルアーマー。

こちらはキアイリュウケン。バトル漫画の主人公のような髪型。

そして極 十郎太。一体どこまで展開してくれるのかな?

最後はもう一度この二人で。

次は新たに展開が始まったガンダムの可動フィギュアシリーズの「ガンダムユニバース」。こちらも新作アイテムが展示されていました。

『機動戦士ガンダムSEED』の主人公機であるストライクガンダム!エールストライカーなどは付けていない素の状態でラインナップされていますね。スライカーパック系は別売りなのかな?

隣にはずらっとラインナップが並びます。

墨入れや塗装を施した作例も展示。どことなく昔発売されていたM.I.A感がある。

『機動戦士ガンダム 第08小隊』の主人公機であるEz-8改。この期待が早い段階で商品化するのは珍しい気がしますね。

そしてこちらにもストライク。ビームライフルとシールドを装備しています。個人的にはSEEDがドっ直球世代なので、これは買ってしまいそう。

そして『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のガンダムバルバトス

新基準のシリーズであるガンダムユニバースがどこまで人気を得ることができるのか注目ですね。

ちょっとあまり詳しくはないのですが、こちらはROBOT魂のダンバインシリーズ。

こちらは2020年3月に発売予定のキングゲイナー&ガチコセット!おなじみのOPダンスのプレートがあるのが堪らないですね笑
会場でも『キングゲイナー』のOPが流れていましたので、自然と体が動いてしまいそうになりしたw

このエフェクトスゴイ・・・!

次はゲー・ドライ!

なかなかのボリューム。一体どんな台座で支えればいいんだ?

次はガンダムF91の展示。

ROBOT魂のF91発売から10年ほど経ったといことで、今回更なる技術と解釈で新規造形でリニューアルされることになったそう。

リニューアル版の方が全体的にがっちりしていますね。

ビームサーベルをぶん回すシーンの再現ができるプレートなんかも付属する模様。

F91の人気は衰えませんね。スピードタイプは男の子の憧れ。

その後ろの方の展示ではマジンガーやゲッターなどのスーパーロボット系の展示がありました。

崖の上には悪そうなやつらが。背面にも二次元の悪そうなやつらが。

グレートマジンガーとグレンダイザー。おなじみの組み合わせですね。

レトロ感ある超合金マジンガーのアイテムの展示も。あまり詳しくないのですが、こちらはどういったものなのかな?

すぐ横にはゲッターロボ2号と3号のアイテムも。いずれもアニメ独自のスタイル再現してて良い!

さらに横にはコンバトラーV!

なんなんだこの躍動感あるポージングは!欲しくなるでしょ!

脚の開き方とかもかなり自然に決まりますねぇ。

そしてジム神ことイデオン。

ということで次はガンダム系を本格的に。

ちょっと背景がうるさいのでメインのフィギュアたちがわかりにくい・・・。ここはちょっと改善してほしいかも。

個人的に気になったのはこの爆発エフェクト系のアイテム。

エフェクトパーツセットでの発売されるとのこと。

どいつもこいつも、

やられてやがるぜ。

エフェクトパーツが並んでいますが、今のところはこのような内容に。アニメでもよく見たピンク色の爆発なんかもありますね。

ガンダムだけじゃなく、他のフィギュアでも全然いけそうですね。

こちらは『プラモ狂四郎』ブース。

パーフェクトガンダムとパーフェクトジオング!かなりでかい!!

迫力満点だなこりゃ。

単体でのパーフェクトガンダムの展示も。顔のデザインがしっかり漫画準拠に。味のある顔になっていますね。

『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』の展示もありました。

様々なシーンをROBOT魂のアイテムで再現。

サイサリスの厳つい感じが昔大好きでしたね。ガンプラも買いました。

次は大人気作品の『コードギアス』展示。

紅蓮聖天八極式。最高のボリュームとかっこよさ。

え、やばいめちゃくちゃイケメン。

真ん中には巨大なガウェイン。本当に大きい。

そして新機体であるランスロット・アルビオン ゼロ。

黒いランスロットのイメージそのままに立体化。

もちろんおなじみのランスロットも並んでいます。

蜃気楼。月が似合う。

次は大人気ブランドのMETAL ROBOT魂。

ダブルオーライザー。本当にハイクオリティー。

ハイクオリティなHi-νガンダム

ドラグーン展開したストライクフリーダムガンダム

最近限定発売されたアカツキガンダム!金メッキがまばゆく、自分が写っちゃいそう。

そしてバルバトスルプスレクス!!

あぁ、この獣感がたまらんのよ。

こちらは光の翼を発動させたデスティニーガンダム!当時見ていた時は衝撃だったし、かっこよすぎて痺れました。

そしてついになるように光の翼を展開したストフリも。
このシリーズ人気なので、どうにかこうにか再販してもらいたい・・・。

こちらはMETAL ROBOT魂のガンダムバルバトスルプスレクスに焦点を当てた展示。

なんだこのかっこよさやば。

ディティールの細かさもさすがです。

最終話などで見せた赤い目の閃光が走る展示も。

このエフェクトもセットなのかしら?

こちらはダイキャストが使用されている部分を示すための模型。

なかなか気合の入れ方が違いますね。

次はリアルタイプガンダム系の展示。

どれもSDで有名なアイテムがMETAL ROBOT魂でリアルタイプとして登場しています。

そしておそらくこの会場で一番の人気を誇るブランドのMETAL BUILDシリーズ。ハイクオリティで大きくてしかもがっつり可動できる至高のガンダムブランドですね。

ガンダムブランドといいましたが、エヴァも展開しています。

本当に人気過ぎてあっという間に転売屋がわいてくることでも話題のアイテム。

ボリュームがスゴイなこれ。家に置けない。

そしてこちらには『ガンダム00』の新作アイテム。

こちらはガンダムエクシアリペアⅣ。もはやクアンタ。

左腕には装甲が無いようなデザインがたまらん。

イケメンかよ。

そしてこちらはガンダムデュナメスリペアⅢ!

ガンダムヴァーチェと融合したような見た目が最高。

次はMETAL BUILDのエヴァンゲリオンシリーズ。こちらはおなじみの初号機。

こちらもあっという間に店頭から消えさりました。

夜間イメージの初号機。カラーが暗めで、緑は蛍光発色に。

そして弐号機も。

暗めの赤なので、イメージががらっと違いますね。

METAL BUILDからは一転して、等身が変わったネクスエッジスタイルのエヴァフィギュアたち。

新劇場版に登場した初号機と参号機。因縁の組み合わせといったところかな?

そして新作の『シン・エヴァンゲリオン劇場版』に登場する期待である8号機βと謎の弐号機。

そしてこちらはジオラマで再現した劇中シーン。

どれも記憶に残ってるシーンだねぇ。

ジオラマを横から見る性癖があります。

次はROBOTO魂のエヴァンゲリオン初号機のリニューアル。こちらは話題にもなっていましたね。

最新の技術で更なるクオリティアップを果たしたエヴァ。

後ろには零号機、弐号機、参号機も並んでいますね。後々発売するのかな?

そして新作映画より8号機β。

ちらっと公開された本編映像でも登場していましたね。

こちらは名前が不明となっている弐号機と思われる機体。

武者感あってすごいかっこいい。ロボットなのか本当に?

こちらは『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開された本編映像にあったシーンを再現したジオラマ。

エッフェル塔をぐるんぐるんしています。

使途のようなエヴァのような形をした謎の敵。

あまり知識が無くて申し訳ないのですが、マクロス系のアイテムも数多く展示されていました。

もう変形ぐらいならお手の物といわんばかりの展示。

続いてはGUNDAM FIXシリーズの展示。

シンプルisベストをその存在で示すザクⅡ.

こちらもなかなかエモエモな展示をしてらっしゃいます。

この分割たまらんですねぇ。いいよいいよ。もっとやれ。

ウェブライダーのデザインって最高よね。

MS少女シリーズも展示してありました。こちらはガンダムマーク2。

こちらはROBOT魂のKa signatureからガンダムマークⅡとフライングアーマー。劇中での使用イメージが強いですねぇ。マークⅡといったらフライングアーマーみたいなところもありますよね(?)

そしてなんとメガライダーまで。すごい大きい(小並感)。マークⅡも自然に座っていますね。

もちろんスーパーガンダムも。

こちらはガンダムZZ。図体が大きい機体なのに不思議とスマートに見える。

こちらは本命であるZガンダム。しかも変形できるとか?

こちらはガンダム界の2大デガブツの呼び声が高いお二人。

ブースターユニットを取り付けたSガンダム。

こちらはEx-Sガンダム。

こちらはちょっとした話題にもなっていたGUNDAM FIXのウイングガンダム スノーホワイトプレリュード。本当に真っ白な機体です。目立ちそう。

次は話題のアイテムである解体匠機のνガンダム。

圧倒的情報量にνガンダムのスタイリッシュなかっこよさがマッチした最高のフィギュア。

しかもLEDギミックもあるしたまらん。

ほらみてこのイケメンを。

パイロットのアムロ・レイもいました。

こちらは各パーツの解説。

そしてこちらはプレバン限定で発売されるフィンファンネルセットを付けた状態。これで総額10万越えします。
ただこのアイテム、今現在は転売屋の買い占めに遭い、事実上ほとんど買うことができません。これはどうにかしてもらいたいですね。

次は何かと話題の『魔神英雄伝ワタル』のアイテム。

お馴染みの龍神丸。

二頭身なのにここまでかっこいいなんて珍しい。

種類はかなり豊富に展示されています。おそらくネクスエッジスタイルが一番合うロボットだと思います。

こちらはROBOT魂の龍王丸。

今回のワタルの展示の気合はかなり違いますね。やはり新作が製作されることが大きいのでしょう。

どうやら食玩も展開する模様。

展示もラストスパート。こちらは大空魔竜ガイキング!

大ボリュームで興奮する。

ガイキング本体も最高の出来。

こちらは超合金魂のボルテスV!後ろでは主題歌と映像が流れています。そしてこの映像がなかなか面白い効果を生み出していました。

ロゴを後ろにした写真最高過ぎひん?エモい以外のなにものでもないですね。

ということで、以上が魂ネイション2019のロボットアイテムの展示でした。まさにバンダイの得意分野でもあるロボットは非常に気合の入った出来でしたね。これはなにか買いたくなりますよ。
ただいくつか高額転売されているアイテムも複数あり、特に解体匠機のνガンダムは大きく推しだしているアイテムなのに、本当に欲しいファンの手元には正規の価格で届かないのは非常に惜しいことだと思います。このあたりの販売方法は救済措置がほしいところ。せっかくの展示なのに非常にもったいないです。

本当に素晴らしくクオリティーの高いアイテムばかりなので、ぜひとも気に入ったロボットを買ってみるのみいいかもしれませんね。超合金魂ならばレオパルドンを持っていますが、そろそろ他のロボにも手を出してみようと思います!個人的には早くアイアンリーガーを発売してもらいたいですね笑

それでは後半では特撮・アニメ・洋画の展示の紹介をしていきますので、ぜひともご覧ください!

ゆとぴ

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です