『スーサイド・スクワッド2』の撮影が2018年3月中旬に開始!

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

FRC フィギュアレビューセンターの管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。たまにアニメも。イベントも。 プロフィールはこちら

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

DCコミックのヴィランたちが主人公で、アカデミー賞 メイクアップ&ヘアスタイリング賞を獲得した『スーサイドスクワッド2(原題)』の続編がまもなく撮影開始されるとの情報が入ってきました!

海外の情報サイト「My Entertainment World」によると、『スーサイドスクワッド2(原題)』は2018年3月中旬より撮影が開始
ウィル・スミスのスケジュールの都合で製作が遅れるとのうわさもありましたが、予想よりは早く始まるようですね。

今作に関する情報はあまり多くはありません。

前作の監督・脚本を担当したデビット・エアー氏がハーレイ・クインのスピンオフ作品『ゴッサムシティ・サイレンス(原題)』でも監督を任されているため、今作の監督にはギャビン・オコナー氏が担当することが判明しています。

キャストの詳細は明かされていませんが、前作に登場したハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)やジョーカー(ジャレッド・レト)、デッドショット(ウィル・スミス)などが登場するのは確実でしょう。
その他、キャプテン・ブーメラン(ジェイ・コートニー)、キラー・クロック(アドウェール・アキノエ=アグバエ)が登場するのではないかと言われています。

前作ではバットマン(ベン・アフレック)やフラッシュ(エズラ・ミラー)のカメオ出演がありましたが、今作でもDCヒーローたちの登場はあるのか?

DCフィルムでは『ワンダーウーマン』の成功から単独作品では積極的に共通の世界観であることを押し出さない方針へと転換する予定だとわかっています。

『スーサイドスクワッド2』が悪役たちの単独映画と考えるのならば、前作のようにジャスティスリーグのメンバーが登場することは考えにくいかも。

もちろんポストクレジットシーンでの登場はあり得ますが、あまり期待はしない方がいいかも。

『スーサイドスクワッド2(原題)』の公開予定は2019年
その他にも別の世界観での単独作品『ジョーカー』『デスストローク』の制作もアナウンスされています。
まだまだDCフィルムから目が離せそうにない!

シェアしてみんなに教えてあげよう!

オススメ記事

小ネタはツイートでお知らせ中!

あわせて読みたい


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です