ヘイデン・クリステンセン、『オビ=ワン・ケノービ』の為にクローン・ウォーズを見て予習-「とても楽しいことでした」

この記事を書いた人

さくし

さくし

YouTubeフィギュアレビューなどを上げています/ラジオ ゆとぴのヒーロー界隈談義 サブMC/映画、特撮、デジモン、ヒロアカが好き

Twitter:@sekisakudigimon

Youtube:HuruSaku Channel

いつもご覧いただきありがとうございます。さくし(@sekisakudigimon)です。

ディズニー公式動画配信サービス「Disney+ (ディズニープラス)」にて2022年5月27日(金)から配信のスター・ウォーズ新作ドラマシリーズ『オビ=ワン・ケノービ』でダース・ベイダーを演じるヘイデン・クリステンセンがインタビューに答え、クローン・ウォーズを観て役作りを行ったと語った。

EW(Entertainment Weekly)によると、ヘイデン・クリステンセンは、『オビ=ワン・ケノービ』でダース・ベイダーを演じる為に、アニメシリーズ『クローン・ウォーズ』や『反乱者たち』を”見まくった”という。

『これらの番組では、これらのキャラクターで多くのことをやっていました。そして、その関係性をさらに掘り下げていきました。そこには、学ぶべき興味深いものがありました。どんどん広がっていくこの世界に再び入り込むのは、とても楽しいことでした

当時クリステンセンが演じたアナキン・スカイウォーカーは、『クローン・ウォーズ』内で新三部作では描写しきれなかったアナキンの活躍や葛藤などが描かれている。
また、続くドラマシリーズ『アソーカ』にもクリステンセン演じるダース・ベイダーの登場が予定されている。
アソーカはクローン・ウォーズで初登場したキャラクター、アソーカとの関係性を把握するためにも役に立つと思われる。

アニメ『クローン・ウォーズ』は、EP2〜EP3間のクローン戦争を中心にアナキンやオビ=ワンの活躍を描いたスピンオフ作品。アナキンの声優はマット・ランターが務めていた。

オビ=ワン・ケノービを演じるユアン・マクレガーは、再びオビ=ワンを演じるにあたって「9作品を見直した」と発言していたが、はるかに上回る作品数を予習したことになるだろう。

さらに深みの増したダース・ベイダー、活躍が楽しみだ。

待望の新シリーズ、『オビ=ワン・ケノービ』は2022年5月27日にDisney+ (ディズニープラス)にて独占配信予定!

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。