『スパイダーマン3』『シー・ハルク』『ムーンナイト』の撮影開始日が判明 - クロスオーバーの可能性は?

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

マーベル・スタジオはMCUシリーズのフェイズ4からドラマの製作も手掛けることになり、同時に様々な作品の撮影に取り組んでいく予定である。

現在は新型コロナウイルスの影響で一時中断しているが、彼らはすでに事態が落ち着いた後のこと考えながら計画を始めている。

スパイダーマンとシー・ハルクの共演は?

複数の海外メディアはMCU映画『スパイダーマン3』と、Disney+ (ディズニープラス)で配信を予定しているドラマ『シー・ハルク』『ムーンナイト』撮影開始日を報告している。

SPIDER-MAN 3 And SHE-HULK Filming Dates Revealed (But They’re Likely Outdated Due To COVID-19)
Moon Knight: After Coronavirus Delay, New Disney+ Filming Start Date Revealed

『スパイダーマン3』は7月13日から10月30日までの3ヵ月半のスケジュールで撮影が行われる。
『シー・ハルク』は7月6日より撮影開始され、『ムーンナイト』は少し先の11月16日より開始される。

前者2作品に関しては当初予定していたスケジュールに変化はなく、新型コロナウイルスの影響を考慮していない可能性があるため、今後変更になる可能性は十分にある。その場合は『スパイダーマン3』の公開日もドミノ倒し的に延期されることも考えられる。

またキャストに関してだが、『シー・ハルク』と『ムーンナイト』は主演を務める俳優の名前がまだ明らかになっていない。
噂レベルだと『シー・ハルク』にはアリソン・ブリー、『ムーンナイト』にはダニエル・ラドクリフの名前が挙がっていた。


しかしいずれも確証のある情報ではなく、ダニエル・ラドクリフに関しては噂を否定するコメントもしていた。

いずれにしてもキャスト発表まではもうしばらく辛抱する必要がありそうだ。

この撮影開始日を受けて一部の海外メディアはスパイダーマンとシー・ハルクのクロスオーバーにも期待をしている。

撮影開始時期がかぶっているというのもあるが、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のラストで正体が明かされてしまったピーター・パーカーが指名手配され、弁護士が必要になるのではないかと予想されている。

その弁護士として名前が挙がっているのがシー・ハルクことジェニファー・ウォルターズ。彼女の職業は弁護士なのだ。

これらの理由から2つの作品が何らかの関わりを持つのではないかと推測されている。
ただ同じ弁護士であるマット・マードック/デアデビルの登場も噂されていたので、まだまだ憶測の域を出ていない。

果たしてMCUシリーズのこれらの作品にはどんなサプライズが用意されているのだろうか?今後の情報に注目していきましょう。

MCU版『スパイダーマン3』は2021年7月16日に全米公開予定、『シー・ハルク』と『ムーンナイト』は2022年頃にDisney+ (ディズニープラス)で独占配信されるといわれている。

関連記事を読む

コメントをする