『スパイダーマン3』『ドクターストレンジMoM』が公開延期へ - 『ソー ラブ&サンダー』は前倒しに

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

マーベル・スタジオとスパイダーマン映画を共同製作しているソニー・ピクチャーズは、MCU版『スパイダーマン3』が2020年7月16日から11月5日に公開延期することを発表した。

合わせて同日付に公開を予定していた『ドクターストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』は年を跨ぎ、2022年3月25日に延期されることになった。

2022年は最多5作品公開の可能性も?

MCU版『スパイダーマン3』と『ドクターストレンジMoM』の公開延期と同時に、クリス・ヘムズワース主演の『ソー ラブ&サンダー』は2022年2月18日から2月11日に1週間前倒し公開されることも発表された。

Marvel Studios Currently Has an Unprecedented 5 Films Scheduled for Release in 2022

ソニーは合わせたアニメ映画『スパイダーマン:スパイダーバース2』も公開延期することを発表している。

『スパイダーマン3』の公開延期はある程度推測されていたため、驚くことはない。おそらく7月から始まるといわれていた撮影も延期されることは濃厚だ。

ここ数日はMCUシリーズの公開日の動きが激しく、把握するのが難しくなってきたため、ここで情報整理しておこう。

【2020年】
・11月6日:『ブラックウィドウ』

【2021年】
・2月12日:『エターナルズ』
・5月7日:『シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・テン・リングス』
・11月5日:『スパイダーマン3』

【2022年】
・2月11日:『ソー ラブ&サンダー』
・3月25日:『ドクターストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』
・5月6日:『ブラックパンサー2』
・7月8日:『キャプテンマーベル2』

残念ながら2020年公開映画は『ブラックウィドウ』のみとなっているが、2021年は例年通りに近い公開数、2022年は判明している作品だけでも4作品が公開を控えている。

またマーベル・スタジオが以前に発表した公開スケジュールを参考にすると、2022年10月7日にも無題のマーベル映画の公開を控えている。合わせると2022年はMCU映画だけで5作品の公開が予定されていることになる。

もちろん2022年10月7日にスケジュールされた作品も延期されることは十分にあり得る。また『スパイダーマン:スパイダーバース2』の公開日が同じ日付に被っていることを考えると、やはり延期される可能性は高そうだ。

MCUシリーズに絞らなければ、マーベル映画だけ5作品公開されるわけだから、そこまで落ち込む必要ななさそうだ。
加えてDisney+ (ディズニープラス)で配信予定のドラマ『Ms.マーベル』『シー・ハルク』『ムーンナイト』の3作品も2022年配信が予定されているといわれているため、十分すぎるほどの供給量であることは確かだ。

今後も様々公開スケジュールに変更が加えられる可能性があるため、新しい情報が入ってきたらお知らせいていく。

関連記事を読む

コメントをする