『スパイダーマン:NWH』予告の腕、チャーリー・コックスではなかった ー IMAX版予告で判明

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCUシリーズ最新作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の予告編にはピーター・パーカーの取り調べシーンに、デアデビルを演じたチャーリー・コックスの腕らしきものが確認されて一部で話題になっていたが、先日劇場で公開されたIMAX版予告ではそれが見当違いだったことが分かった。

Spider-Man: No Way Home IMAX Trailer Confirms Charlie Cox’s Matt Murdock Doesn’t Appear

通常の予告では顔がちょうどよく切れているが、画面が広がるIMAX版ではその顔を確認することができる。明らかに別の俳優であることが分かった。
今のところチャーリー・コックス自身も今作への出演に関して否定しており、やはりデアデビルとしては復活する可能性はないのかもしれない。

ただ『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』に登場していなくとも、別の作品での復活の可能性はあるだろう。『デアデビル』をはじめとしたNetflixのマーベルドラマシリーズの権利はすでにマーベル・スタジオに戻ってきており、一部の情報ではデアデビル、ジェシカ・ジョーンズ、パニッシャーは俳優の続投が検討されていると伝えられている。

おそらく『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』でチャーリー・コックスが出演していないならば、これらのキャラクターたちの新しい動きはすぐには出てこないとみられる。マーベルファンはもう少し辛抱強く待つ覚悟をしておこう。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は2021年12月17日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする