『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』メインヴィランは当初違かった? ー 脚本家が明かす

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

※この記事には『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

公開から一ヶ月近く経ったことで様々な裏話などが明かされ始めている映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』
今作は複数のヴィランが過去のスパイダーマン映画と同じ俳優によって再演される形で登場していることでも話題だが、脚本家のひとりであるエリック・ソマーズ氏は海外メディアのゴールドダービーのインタビューのなかで、メインヴィランが当初は異なっていたことを明らかにした。

※この記事には『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』ではウィレム・デフォー演じるノーマン・オズボーン/グリーンゴブリンがメインヴィランとしてトム・ホランドのスパイダーマンと対峙していたが、どのようにして彼がメインヴィランとしてスポットが当てられたかを明らかにした。

『この映画は急速に変化していました。彼は最初の脚本ではメインヴィランではありませんでした。(中略)その後進めていくと、「メインヴィランは彼でなければならない。私たちは彼を敵対者にしなければならない」と思った。そして私たちはそれを目指して脚本を書いたり撮影したりしながら物語を進化させていました。』

ソマーズ氏は脚本執筆当初はグリーンゴブリンをメインヴィランにするつもりはなかったようだ。一方でその前に誰がメインヴィランに予定されていたかはわからない。ただ以前の情報では今作は当初、クレイヴン・ザ・ハンターの登場も想定されていたようだ。

さらにソマーズ氏は続けて、グリーンゴブリンがメイおばさんとは正反対なキャラクターで、なおかつサム・ライミ版『スパイダーマン』から2度目のチャンスが与えられたと話した。

『グリーンゴブリンは最初は映画の目玉ではなかったが、その後に目玉として機能するようになりした。(中略)彼は、、、メイとは正反対で、メインヴィランでなければならない。彼は2度目のチャンスを与えられたに違いない。そしてまだ最初の映画でやっていたことをもっと暗い方法で行い、そして今のピーター・パーカーに関係しています。』

『スパイダーマン』のラストの死の直前でMCU世界に転送されてきたグリーンゴブリンは、世界が変わっても己の欲望のままにピーター・パーカーを追い詰め、メイおばさんが死亡する直接的な原因を作っていた。そのことによりピーターにとって宿敵に変わり、20年ぶりに再びメインヴィランとして映画に強烈なインパクトを残すことになったのだ。

多くの紆余曲折を経ながらも現在の形に収まった『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』。その完成度の高さを改め劇場で楽しむのも良いかもしれない。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。