『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』、別世界ピーター登場シーンを10回書き直していた ー 脚本家「彼らはどのような状態だったのか」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

※この記事には『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

MCUシリーズとして日本でも大ヒットを記録した『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』
今作ではファンが大喜びな演出がたくさん盛り込まれていたが、その分脚本を執筆する段階では非常に気が使われていたことがわかっている。

脚本家のエリック・ソマーズ氏とクリス・マッケナ氏海外のイベントのなかで、あるシーンを10回以上書き直していたことを明らかにした。

※この記事には『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

二人の脚本家はトビー・マグワイアとアンドリュー・ガーフィールド演じる別世界のスパイダーマンの登場について、考察を加えながら執筆したことをコメントしている。

エリック・ソマーズ:『彼らがこの映画に登場したとき、彼らはどのような状態だったのか?なにをしていたのか?どのような考えをもっていたのか?を考察した。「アメイジング・スパイダーマン」の最後は希望を持ち続けるということのグウェンの言葉があった。(中略)でもアンドリューのスパイダーマンがそれをできなかったらどうでしょう。彼は戻ったことであまりにも傷つきました。そこから私達が描いたものに彼を導きました。』

アンドリュー・ガーフィールドのスパイダーマンは、『アメイジング・スパイダーマン2』の後のことについて語っており、グウェンの死後もなんとか親愛なる隣人を続けようとしたが、段々とその戦いには冷酷さも混じっていき、あまりにも辛い経験をしていたことをMCU世界のピーターに話していた。

これは幻の『アメイジング・スパイダーマン3』にて描かれたかもしれないものであり、長年ファンが知りたかったことでもある。このことが今作にて盛り込まれたことは非常に大きな演出だっただろう。

また続けてトビー・マグワイアのスパイダーマンについても次のように語ってくれた。

エリック・ソマーズ:『そして私達はトビーのスパイダーマンがなにをしているかについて一生懸命考えなければならなかったのです。それてとても難しい質問でした。なぜなら一番多くの時間が経過しているからです。彼はなにをしていたのだろうか?俳優たちは彼ら自身のスパイダーマンやピーター・パーカーがなにをすべきかの意見を持っていました。そして彼らがどこから来たのかも。』

トビー・マグワイアのスパイダーマンについては多くは語られていないものの、『スパイダーマン3』から数年経過したピーターであることはわかっており、MJとの関係も別の道を歩んでいくという大人な関係性になっていることも話していた。

スパイダーマンとしても現役で活動しているようで、長年のスイングで腰を痛めている描写もあった。

そういった往年のファンも唸らせるような演出をしたことで、多くのファンが望んできた映画になった『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』。
今までの映画を見たならば確実に見逃せない映画のはずだろう。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全51作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。