『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』、ウィレム・デフォー出演シーンが解禁 ー パンプキンボムを投げる

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズの最大の注目作である『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』から、グリーンゴブリンを演じるウィレム・デフォー、ドクター・オクトパスを演じるアルフレッド・モリーナ、エレクトロを演じるジェイミー・フォックスのインタビュー動画が解禁された。

歴代スパイダーマン映画でヴィランを演じてきたレジェンド俳優が一堂に会するだけでもファンにとっては垂涎モノな動画となっているが、動画のなかではウィレム・デフォーが出演している新規カットも追加されている。

新規カットではグリーンゴブリンのマスクはせずにフードを被り、パンプキンボムを投げるシーンが確認でき、それをインテグレーテッドスーツをきたピーター・パーカーがキャッチするといった内容になっている。

ウィレム・デフォーが演じるグリーンゴブリンはご存知の通りサム・ライミ監督版『スパイダーマン』の最後に明確に死亡しており、今作に登場しているグリーンゴブリンが同一人物なのかが注目されている。そうだとしたらどのようにして復活したのかも気になるところだ。

今作には他にもサンドマンやリザードが登場しているがいまのところ彼らを演じる俳優に関しては公式に明らかにはされていない。

本国での公開も迫る『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は2022年1月7日に日本公開予定だ。

関連記事を読む