『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』、二人のスパイダーマンがカメオではなかった理由とは ー 「彼らを尊重する必要がある」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

※この記事には『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

日本でも大ヒットを記録している映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』
今作では多くのキャラクターが登場することでも話題になっており、過去のスパイダーマン映画を追ってきたファンならばより一層楽しむことができる映画となっている。

そんな今作に登場した”あのキャラたち”がなぜ、カメオ出演レベルではなく、大きな役割を果たすことになったのかを、脚本家のひとりであるエリック・ソマーズ氏が海外メディアのゴールドダービーのインタビューに語った。

※この記事には『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

ソマーズ氏は『ノー・ウェイ・ホーム』に登場したトビー・マグワイアとアンドリュー・ガーフィールドが演じる別世界のピーター・パーカー/スパイダーマンがなぜメインの活躍をしたかについて話してくれた。

『二人のスパイダーマンはカメオ出演レベルには収まらないことをすぐに理解しました。(中略)私たちは彼らが登場する映画を尊重する必要があり、彼らにある種の感情的なストーリーを与える必要があると思った。ただカメオために現れて消えることはありえません。彼らをキャラクターとして描く必要があり、そのことが常に目標でした。課題は、どうやってそれを行うのかということでした。』

二人のレジェンド級俳優によるスパイダーマンをただの数分で終わってしまうようなカメオ出演レベルにしなかったのは非常に賢明な判断だったと言えるだろう。

カメオ出演でも目立つことは確かではあるが、それはトム・ホランドのスパイダーマンの影を薄くしてしまうだけで、同時に物語の主軸にも大きく関わることは難しかったはずだ。物語に関わらないのならば言ってしまえば”無駄な演出”とも言うことができる。

しかししっかりと登場時間が設けられ、主軸のストーリーに関連させることによって、二人にスパイダーマンへの尊重はもちろん、トム・ホランドのスパイダーマンの成長物語にとっても大きな役割を果たすことができたのだ。

現にソマーズ氏もピーター・パーカーの物語を常に中心にしていくことを念頭に置いていたことを明かしている。

『もちろん、焦点は私たちのスパイダーマンでなければなりません。これは彼の旅であり、彼の物語であり、起きることはそれに役立つものでなければなりません』

同じ理由によってチャーリー・コックス演じるマット・マードック/デアデビルは短い出演時間になっているとも話していた。

多くのキャラクターが登場していても主軸の物語がぶれないことによって、見事にピーター・パーカーの成長物語としてまとまっている『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』。改めて今回のことを頭に入れながら今作を劇場で見返すのも面白いかもしれない。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全51作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。