『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のロゴがチラつく謎の演出が? ー アルゼンチン版ティザーより

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCUシリーズにおいての注目度の高い映画である『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』。現在は撮影も終了しているようで、年末の公開に向けた編集作業が着々と行われていると思われる。

最近は今作の予告編を求める声も高まっている中、アルゼンチンにて公開された今作のティザー動画に気になるロゴの演出が話題となっている。

ティザーの最後にはスペイン語によるタイトルコールとともに、今作のロゴがチラついていることにお気づきだろうか?
このチラつきによって映画のロゴが一瞬真っ赤に染まっているのだ。

これはいままで公開されてきた映像では見ることのできなかった演出だ。なぜ突然アルゼンチン版に盛り込まれたのかは謎の極みだ。

一部のファンはマルチバースを表しているのではないかとも推測しているのだが、真っ赤に染まったこととマルチバースを結びつけるには裏付けは弱いように見える。
どことなくアニメ映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の演出にも近いように感じるが、どれも確信を持つことができるものではないだろう。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』にはかつての実写映画版スパイダーマンとのクロスオーバーが長い間噂されており、今のところ予告編も公開されていないため、まだまだ答えがわかるまでには時間がかかりそうだ。

映画は2021年12月17日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする