『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』、サンドマン&リザードの登場が確定か ー 海外雑誌が報じる

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズで最も期待が集まっている映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』
海外の雑誌エンパイア誌では今作の特集を掲載しており、そのなかで新たなヴィラン登場の情報が明かされていると海外で話題になっている。

SPIDER-MAN: NO WAY HOME Now Confirmed To Feature Two More Villains From Previous Films

記事では今作にサンドマンとリザードが登場することを伝えているとのことだ。
※オンライン上で記事は公開されていないため、全文は未確認。

演じるのは『スパイダーマン3』でサンドマンを演じたトーマス・ヘイデン・チャーチ、リザードは『アメイジング・スパイダーマン』で同役を演じたリス・エヴァンスだとのことだ。これはすでに公式に確認されているアルフレッド・モリーンのドクター・オクトパスや、ジェイミー・フォックスのエレクトロ同様に、過去のスパイダーマン映画に登場したキャラがそのままの形で現れることとなる。

設定的に同一人物なのかどうかは明らかになっていないが、事実ならばファンとしては非常に嬉しいニュースだろう。

スパイダーマンのヴィランたちで構成されたチームの「シニスター・シックス」のうち4人が揃うことにもなり、残す二人についても気になるところだ。おそらく一人は予告編でパンプキンボムが確認されたグリーンゴブリンだろう。最後の一人については様々な予想がされており、ライノやヴァルチャー、ミステリオなどが候補に挙げられている。

かつてないほどのクロスオーバーをする『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は2021年12月17日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする