『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』、ヴィランと戦うプロモアートが公開 ー ネタバレあるかも?

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

※この記事には『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

MCUシリーズ最大の注目作となっている映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』では、過去のスパイダーマン映画に登場したヴィランたちが同じキャストでリターンすることでも話題になっており、彼らとスパイダーマンとのバトルにも期待が集まっている。

そんなスパイダーマンとヴィランのバトルを表現したプロモアートが、インドネシアのマンディリ銀行のインスタグラムアカウントで投稿されている。

※この記事には『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

プロモアートでは主にグリーンゴブリン、ドクター・オクトパス、エレクトロと戦うスパイダーマンが描かれている。

※続きはこちらの記事

イラストの中にはドクター・ストレンジのポータルが確認できるものや、ヴィランたちを捕らえてストレンジと食事をするスパイダーマンの姿なども描かれている。

これが映画そのままというわけではないだろうが、劇中でのヴィランと、ドクター・ストレンジと共闘しながら戦うスパイダーマンを表現したものであることは間違いないだろう。

またもうひとつ気になるプロモアートも確認された。

こちらの画像ではもうひとりのスパイダーマンが蜘蛛の巣を貼って、おそらくトム・ホランドのスパイダーマンとともにエレクトロと戦うシーンが描かれている。スーツのデザインから観るにサム・ライミ版のものに近いと思われる。

もしこれらのイラストが劇中準拠ならば、やはり映画にマルチバースのスパイダーマンたちが登場してくることを示唆しているのではないだろうか?
なにも意図せずにスパイダーマンを複数人登場させることも考えにくいため、やはり大いなる期待をしてしまうのがファンの心理だろう。

いまのところトビー・マグワイアに関してはここ数年表舞台には出てきておらず、もちろん『ノー・ウェイ・ホーム』に出演しているかどうかも不明だ。
一方でアンドリュー・ガーフィルドはインタビューを受けるたびにこの質問をされているらしく、そのたびに出演は否定していた。

果たしてひとつの画面で三人のスパイダーマンが並び立つ姿を観ることができるのだろう?
『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は2022年1月7日に日本公開予定だ。

関連記事を読む