『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』、夢の共演の立役者はプロデューサー ー マーベル・スタジオ代表がべた褒め

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

※この記事には『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

MCUシリーズとして多くのファンを感動させた映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』
今作ではファンが長い間夢に見ていたことが実現した作品となっており、後世に残る程の伝説的な映画となっている。

そんな夢の共演を実現させた人物をマーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏が海外メディアのニューヨーク・タイムズのインタビューのなかでべた褒めしている。

※この記事には『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

『かっこよくて非常に素晴らしいアイディアにはみんな同意していました(同時に映画の大きな課題でもある)。(中略)いつでも、どこでも、誰にでも電話をかけまくるプロデューサーのエイミー・パスカルが、今回の夢を実現させたマスターなプロデューサーです。』

トビー・マグワイアとアンドリュー・ガーフィールド、トム・ホランドの三人のスパイダーマンが共演できたのは、ソニー・ピクチャーズのプロデューサーであるエイミー・パスカル氏のおかげだとファイギ氏はコメントをした。

ここからも分かる通り、パスカル氏が非常に密に関係者と連絡を取り合っていたことが推測でき、様々な調整ごとを的確にこなしてきたプロデューサーとしての彼女の手腕の高さを伺うことができる。

エイミー・パスカル氏は元々サム・ライミ監督やマーク・ウェブ監督とともに歴代のスパイダーマン映画の制作に参加しており、ある意味では一番スパイダーマンのことを理解している人物でもある。彼女がいなければ今回の『ノー・ウェイ・ホーム』も実現することはなかっただろう。

様々な努力の上で歴史に残る名作となった『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は2022年1月7日より日本でも劇場公開中だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全51作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。