『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』、ピーターの行動に”ショックを受ける”? ー トムホがコメント

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズの新作として公開を控えている映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』では、今までにない数のヴィランを相手にするピーター・パーカー/スパイダーマンの活躍を描いているが、そんなピーター・パーカーの行動の中に、ファンにとって”ショックを受ける”ものがあることを主演のトム・ホランドが海外メディアのCBRのインタビューでコメントしている

『僕たちはピーターの非常に多くの側面を見ています。全ての性格をあなたは知っていますか?(中略)様々なプレッシャーや聴衆の目に対処していきます。そしてピーター・パーカーの悪い面もあります。』

トム・ホランドは不穏な言葉で今作でのピーターの行動を示唆した。

ショッキングな行動となると様々なことが思い浮かび、憶測は止まることはないが、マルチバースのヴィランたちがピーターを狙って侵入してきてしまい、これらに対してドクターストレンジや親友のネッド、そして恋人のMJとともにどのように立ち向かっていくのかは気になるところだ。

また最近公開されたTVスポットでは、なにかをする準備をしているストレンジに対して、ダメージを負ったピーターが続行を指示するシーンもあった。

これもまた不穏なシーンではあるが、一体ピーターは映画のなかでどのような行動をとり、どのような結末を迎えるのだろうか?
『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は2022年1月7日に日本公開予定だ。

関連記事を読む