『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』レゴの2セットが情報解禁 ー 新スーツも登場

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

2021年12月に公開を予定している映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』から、今作をモチーフにしたレゴのセットが2セット情報解禁された!

1つはドクターストレンジとウォン、MJのミニフィグが追加された内容となっており、「サンクトラム・ワークショップ」セットと呼ばれる内容になっている。
具体的にこの場所が映画に登場するかはわかっていないが、ドクターストレンジが『ノー・ウェイ・ホーム』に登場することが改めて確認することができた。加えてストレンジの右腕であるウォンも登場することがわかった。

そしてもうひとつのセットは黒いスーツを着たスパイダーマンと、『スパイダーマン:ホームカミング』に登場したヴィランのヴァルチャーのミニフィグがセットとなっている。名前は「ドローン・デュエル」だ。
ヴァルチャーの復活が今作で描かれるのかはわからないが、1作目では何かほかの企みを考えているような終わり方をしていたため、再登場することは非常に期待ができる。

またパッケージに写っているスパイダーマンの新スーツのビジュアルも公開されている。

スーツの見た目としてはアップグレード版スーツにアイアンスパイダーの要素が加わったようなデザインとなっており、ゴールドのラインが非常に特徴的な見た目となっている。機能的なところは不明だが、通常スーツにアイアンスパイダーの機能が加わったハイブリット型になると面白いかもしれない。

今のところドクターオクトパスやエレクトロなどは確認されていないが、今後新たな情報が入り次第お知らせしていきます。

関連記事を読む

コメントをする