『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』エレクトロが黄色になった経緯とは? ― 俳優が振り返る

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズでスパイダーマンファンたちを歓喜に導いた映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』
今作では『アメイジング・スパイダーマン2』にてジェイミー・フォックスが演じたエレクトロが再登場しており、その色も青から黄色に変更されていた。

そんなエレクトロがなぜ色の変更をすることになったかについてジェイミー・フォックス本人が今作のデジタル配信に含まれる特典映像内で振り返っている。

『私たちはそのことについて話し合いをしました。意識的に青くならないように決定していました

どうやら当初からエレクトロは意識的に青ではなくすように検討していたことをジェイミー・フォックスは明らかにした。
映画ではコミック通り黄色の電撃を放つエレクトロになっていたが、劇中で色が変わったことについてもスタッフのラッセル・ボビット氏が話している。

『エレクトロは自分の力を取り戻そうとしたが、スタークのアークリアクターを取り入れることで、力を強化した。そして彼のコスチュームを作り直して、アークリアクターを彼自身に入れ込みました。』

映画のでの説明ではユニバースが異なる世界の電撃を吸い込んだことで、青から黄色に変わったとほんのり説明されていた。
そこからスタークのアークリアクターを入手することで、無限のエネルギーを手に入れてスパイダーマンたちの強敵として立ちはだかったのだ。

『アメスパ2』の時点でエレクトロが色が青くなったことについては当時から賛否も生まれていたのだが、その声を製作者サイドも聞き入れたということだろう。

ちなみに劇中では電撃によってコミックのエレクトロのマスクを表現するなど、非常に上手くエレクトロの表現を取り入れられたこともわかる。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』はDVD&Blu-rayがリリース予定だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全51作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。