『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』、トビー版スパイディのコンセプトアート公開 ー スーツの詳細も明らかに

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

※この記事には『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

MCUシリーズとして大ヒットを記録している映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』
今作ではサプライズキャラクターが数多く登場していたが、その詳細な姿について気になるファンも多いことだろう。

今回、そんなキャラクターのひとりのコンセプトアートが解禁されたことで、スーツの全身が明らかになった。

※この記事には『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

インスタグラムに投稿された公式のコンセプトアートでは、トビー・マグワイアが演じる別世界のスパイダーマンの全身が明らかにされた。

スーツのデザインはサム・ライミ監督によるスパイダーマンのスーツデザインをそのままに再現しており、立体的でシルバーの蜘蛛の巣のラインや、筋肉質なスパイダーマンの姿を絵がている。胸には大きな蜘蛛のマークもあり、当時の映画からほぼそのままで『ノー・ウェイ・ホーム』にも登場していることがわかった。

今作を制作したCGのチームは、別世界のスパイダーマンを描くために、過去の映画を改めて見返していたこともわかっており、映像のなかでもそれぞれの動きの特徴でスパイダーマンの差別化をしていたことが明らかにされている。

ここまでくればアンドリュー・ガーフィールドのスパイダーマンのコンセプトアートも気になるところだが、今後映画のコンセプトアート集が発売されればぜひとも手に取りたいところだ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。