『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』アマプラで8月27日より見放題に ー 『ヴェノム』続編も追加

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズであり、往年のスパイダーマンファンにとっても記憶に残る名作となった映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が、Amazonプライムビデオで8月27日より独占見放題作品として配信されることが明らかになった!

更には前作の『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』や、トム・ハーディ主演『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』も見放題配信となり、ソニー・ピクチャーズのソニーズ・スパイダーマン・ユニバースとマーベル・スタジオのMCUシリーズ2つのクロスオーバーも楽しめる映画が一気に楽しめるようになった!

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』はトム・ホランド主演のMCUスパイダーマンシリーズ第3作目で、シリーズ完結編。
前作でミステリオによって世界中に正体を暴露されてしまったピーター・パーカーは、ドクター・ストレンジに世界中の人々からスパイダーマン=ピーター・パーカーという記憶を消してもらう魔術を依頼するが失敗してしまい、逆にマルチバースからスパイダーマンの正体をするヴィランたちがMCU世界に転送されてしまう未曾有の事態を引き起こしてしまった。

ヴィランにはサム・ライミ監督『スパイダーマン』トリロジーに登場した、ウィリアム・デフォー演じるノーマン・オズボーン/グリーンゴブリン、アルフレッド・モリーナ演じるドクター・オクトパス、マーク・ウェブ監督『アメイジング・スパイダーマン2』に登場したジェイミー・フォックス演じるエレクトロが登場、この他にもサンドマンやリザードも登場しており、かつてのスパイダーマンのヴィランたちが大集合する映画となっていた。

さらにはトビー・マグワイアとアンドリュー・ガーフィールドが演じるピーター・パーカー/スパイダーマンも参戦し、かつてのスパイダーマン映画史上最高に豪華な映画となっていた。

Amazonプライムビデオではほかにも『龍とそばかすの姫』『ドラえもん のび太の宇宙小戦争2021』『ラストナイト・イン・ソーホー』なども見放題作品として8月より配信予定だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。