『スパイダーマン:ホームカミング』続編、ブラックキャットの登場をスタジオ社長が否定

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

衝撃的な作品となっている『アベンジャーズ/インフィニティウォー』。その続編となる『アベンジャーズ4(仮)』の内容も気になる人が多いでしょう。
ただ今回はもっと先の話、MCUシリーズフェイズ4のことです。

フェイズ4の作品の一つとして公開が予定されている『スパイダーマン:ホームカミング』の続編ですが、以前から今作にはブラックキャットが登場するのではないかと噂されていました。

しかし今回、マーベル・スタジオ社長が改めて今回の情報を否定しました。

『これらの噂は全く真実ではない』

ScreenRantにて『スパイダーマン:ホームカミング』続編について尋ねられたマーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギ氏は、改めてブラックキャットに関す情報を否定しています。

Kevin Feige Interview – Avengers: Infinity War

『これは誤解を招くマイナーなキャラクターのキャスティング募集でした。(中略)これらの噂は全く真実ではないです

このキャスティングというのは、以前ホームカミング続編に関するキャスティング情報が流出し、その中に「ピーター・パーカーを危険な道へと誘惑するヨーロッパ人女性」という内容で、その”危険な道への誘惑”というワードからブラックキャットが登場するのではないかと噂されていたわけです。

しかしケヴィン氏はそのキャラクターのキャスティングについて、”マイナーなキャラ”といっているとから、さほど本編では重要なキャラクターではないと理解することができますね。

ちなみに『ヴェノム』など独自のマーベル映画の世界観を展開しているソニー・ピクチャーズは、新作として『シルバー&ブラック』の製作を予定しています。

この映画にはスパイダーマンに登場するキャラであるシルバーセーブルブラックキャットの2人が主人公として登場します。

このブラックキャットがホームカミングの続編にも登場するのではないかと前々から予想されていました。

今のところソニーのスパイダーマン映画と、マーベル・スタジオのMCUシリーズは世界観を共有しておらず、それぞれ独立した世界観で展開されていくことが、ケヴィン氏などから公表されていました。

しかし最近の情報によると、『ヴェノム』にピーター・パーカー役のトム・ホランドが撮影に参加したとの情報もあり、依然として世界観の共有に関する可能性は残っています。

この点については、実際に『ヴェノム』が劇場で公開されらば判明することでしょう。

『スパイダーマン:ホームカミング』の続編は2019年7月5日に全米公開予定です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!