アニメ『スパイダーマン:フレッシュマン・イヤー』トム・ホランドは出演しないかも? ー 契約がないとの情報も

【広告】

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれています。

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズのアニメ作品としてDisney+ (ディズニープラス)で配信を予定している『スパイダーマン:フレッシュマン・イヤー』
今作はトム・ホランド演じるMCU世界のピーター・パーカーがスパイダーマンとして活躍する1年目の姿を描いた作品となっており、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に登場するまでの出来事や彼のオリジンストーリーが判明することも期待されている。

しかし最新の情報によると、今作の主人公の声優にはトム・ホランドは戻ってこない伝えられている
理由としては『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』以降の作品への出演の予定が現状ではなく、契約も交わされていないことが要因だとされている。

ただこれ自体はあまり驚くべきことではなく、2021年に配信されたアニメ『WHAT IF…?』でのゾンビのエピソードでもソンビハンター・スパイディを演じたのは別の俳優となっていた。ピーター・パーカーのデザインのベース自体はトム・ホランドを参考にしてただけに、少し残念に思うファンも多かった。

『スパイダーマン:フレッシュマン・イヤー』は正史のスパイダーマンが主人公であることを考えれば、ぜひともトム・ホランドに演じてほしいところではあるが、あまり大きな期待はできなそうだ。

今作ではピーター・パーカーが蜘蛛に噛まれたスパイダーマンとなった経緯や、今まで登場することはなかったベンおじさんやその死についても扱われると言われており、スパイダーマンのおなじみのオリジンストーリーが改めて描かれるとウワサされている。

今後『スパイダーマン:フレッシュマン・イヤー』の情報が入り次第お知らせをしていく。

  • 【広告】

  • 【広告】