『スパイダーマン:Far From Home』にミシェル役としてゼンデイヤが再登場!

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCUシリーズ フェイズ4の1作目となる新作『スパイダーマン:Far From Home』は、既にイギリスのロンドンで撮影が開始されています。
主演のトム・ホランドもすでにクランクインしているとみられ、先日には撮影の様子も動画で目撃されていました。

そんな中、1作目にミシェル役として出演していたゼンデイヤも続編に再登場することが判明しました!

ピーターとMJのロマンスはあるの?

ゼンデイヤは自身のインスタグラムのストーリーにて、同じく1作目からピーターの親友ネッド役として出演しているジェイコブ・バタロン姿を撮影した動画をアップしています。

Zendaya back on set for Spider-Man: Far From Home
※すでに動画は削除済み。詳細はリンク先へ

動画ではジェイコブ・バタロンがギターを持っている様子が収められています。
この場所こそ『スパイダーマン:Far From Home』の撮影セットだと海外メディアでは報じられています。

‘Spider-Man: Far From Home’: Zendaya Returns for Filming

ゼンデイヤ演じるミシェルは、1作目ではピーターのクラスメイトとして登場し、どこか斜に構えたようなキャラクターで、友達も少ないタイプの役柄でした。しかし物語の終盤、彼女の名前が通称「MJ」だったことが判明

以前のスパイダーマン映画や、コミックを知っている方ならご存知、MJはピーター・パーカーのヒロインでもある「メリー・ジェーン・ワトソン」と同じ略称なのです。

これには映画を初めて観たとき非常に驚きました。1作目では2人の間にラブロマンスの欠片もなかったのですが、MJという名前を聞いてからは、2作目でのロマンスにも期待をしてはじめました。

おそらくは前作よりもより一層、重要キャラクターとして登場するのは間違いなさそうなので、続編でのピーターとMJの関係に注目していきましょう!

『スパイダーマン:Far From Home』は2019年7月5日に全米公開予定です。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です